三井不動産/長距離物流の温度・振動トレース・モニタリング成功

2021年07月01日 

三井不動産とパイクリスタルは7月1日、東京大学発、日本初の技術である有機半導体フィルムデバイスを用いた、長距離物流過程の温度および振動を継続的に観測する実証実験を柏の葉スマートシティにて実施したと発表した。

<有機半導体センサを用いた長寿命フィルムデバイスによるエコフレンドリーかつ低コストのリユース型物流トレースシステムのイメージ>
20210701mitsuif 520x318 - 三井不動産/長距離物流の温度・振動トレース・モニタリング成功

これにより、温度や振動などの複数の情報を、1つの薄型・軽量なフィルムデバイスに搭載しデータを継続的に取得するとともに、取得したデータをクラウド上で共有できるトレースシステムの開発に成功したこととなる。

このシステムにより、長距離物流過程の温度や荷物にかかる振動のデータを継続的に観測し、コロナウイルスワクチンをはじめとする医療分野や薬品輸送のGDPへの対応、鮮魚など生鮮食品のHACCP・ISO22000対応など、今後さらに強化が必要となる物流品質の保証や品質改善の提案に向けた、有益なデータの供給が可能となる。

さらに化学品や海外物流といった様々な分野において安心・安全な物流サービスを実現できることになった。

なお、実証実験では、柏の葉スマートシティの街を舞台とした実証プラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」の枠組みを活用し、柏の葉スマートシティ内の複数拠点の連携や事業者からの協力を得ることで実施に至ったもの。

今後も継続的な実証プロジェクトを実施し、パイクリスタルが開発した有機半導体フィルムデバイスを、柏の葉エリアの様々なアセットでの利活用の検討を進めることで、サービスとしての確立と全国的な拡大を目指す。

三井不動産は、今回の実証実験の取り組みを通じて柏の葉エリアでの安心・安全な物流サービスの実装を目指すとともに、その他のアセットへの有機半導体フィルムデバイスの技術の活用による街全体のスマート化についても検討を進めていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集