シーネット、ギオン/WMS×AI-OCR連携による物流効率化で対談

2021年07月06日 
関連キーワード:

シーネットは7月27日、ギオン群馬ステーションのマネージャーを迎え、無料オンライン対談セミナー「WMS×AI-OCR ギオン社との対談で見えてくるシステム連携による物流効率化セミナー」を開催する。

20210706cnet 520x260 - シーネット、ギオン/WMS×AI-OCR連携による物流効率化で対談

ギオン群馬ステーションでは、現在WMS(ci.Himalayas)とAI-OCRサービス(@YOMU)を連携して運用中。以前からの課題であった検品の品質向上を解決するためにWMSを導入し、クレームゼロを実現、顧客の信頼や満足度の向上を図っている。

さらに、AI-OCRサービス@YOMUから出力された入出庫予定データをWMSに取込み連携することで、入出庫予定作成の「手入力」が不要になり、半日かかる作業を15分で行うなど、効果的な運用をしている。

同セミナーでは、ギオン担当者がWMSおよびAI-OCRサービス@YOMUの使い勝手や読み取り精度への感想のほか、システム導入前後の違いを対談で赤裸々に語るとともに、今後の課題に対しての取り組みを検討し、物流企業の業務改善・業務効率化のヒントを提供する。

また、対談のほかにもWMSとAI-OCRサービスのシステム連携を具体的にイメージし、その場で疑問を解決できるよう、システム連携のデモンストレーションとリアルタイムチャット質問も合わせて実施する。

【このような方におすすめ】
・出荷ミス防止など、作業精度向上に取り組んでいる方
・業務効率化のヒントをお探しの方
・手入力という単純業務を削減したいとお考えの方
・入出庫などの指示が紙で来るためシステムへ手入力している方
・人手不足や業務標準化目的で業務改善をお考えの方
・データ化できていない情報にお困りの方
・WMSを使って、もっと効率化したい方

■開催概要
日時:7月27日(火)14:00~15:00
開催方法:オンラインセミナー
受講費:無料

■セミナー内容
◆WMS(ci.Himalayas)とAI-OCRサービス(@YOMU)ソリューション紹介
◆ギオン社との対談
◆その他、システム連携事例紹介
◆WMS×AI-OCR システム連携デモンストレーション
◆トライアルの活用法
※Q&Aは随時チャットで受付中。

■詳細・申込はこちら
https://www.cross-docking.com/events/wms-seminar/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集