近鉄エクスプレス/4~6月の売上41.3%増、利益49.7%増

2021年08月05日 
関連キーワード:

近鉄エクスプレスが8月5日に発表した2022年3月期第1四半期決算によると、売上高1984億7700万円(前年同期比41.3%増)、営業利益118億4600万円(49.7%増)、経常利益123億900万円(50.1%増)、親会社に帰属する四半期純利益74億1100万円(51.8%増)となった。

同期の取扱物量は、航空貨物輸送が輸出重量で17万9000トン(58.3%増)、輸入件数で33万1000件(29.3%増)、海上貨物輸送が輸出物量で17万8000TEU(27.1%増)、輸入件数で7万件(7.2%増)となり、コロナ禍前をも上回る水準となった。

ロジスティクスはAPLLで取扱いが減少し、全体として前年を下回る基調で推移した。

セグメントの業績は、日本が売上高511億3700万円(60.4%増)、営業利益26億3300万円(95.2%増)。

米州が売上高204億1300万円(48.6%増)、営業利益21億8800万円(159.9%増)。

欧州・中近東・アフリカが売上高127億4800万円(41.6%増)、営業利益7億2500万円(182.9%増)。

東アジア・オセアニアが売上高437億9200万円(40.3%増)、営業利益31億2600万円(12.7%減)。

東南アジアが売上高338億3200万円(98.6%増)、営業利益22億8600万円(70.5%増)。

APLLが売上高419億7400万円(3.5%増)、営業利益20億6000万円(11.0%増)。

通期は、売上高6300億円、営業利益317億円(7.2%減)、経常利益307億円(11.1%減)、親会社に帰属する当期純純利益192億円(11.3%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集