商船三井/豪州アンモニア事業、サプライチェーン構築で共同検討

2021年08月11日 
関連キーワード:

商船三井は8月11日、豪州の大手エネルギー企業「オリジン・エナジー」と再生可能エネルギー由来のアンモニア(以下:グリーンアンモニア)のサプライチェーン構築について共同検討を行う覚書を締結した。

オリジンは、2026年の輸出開始を目指しているタスマニア州ベルベイにおけるグリーンアンモニア輸出プロジェクトを含め、複数のグリーンアンモニア・水素のプロジェクトを検討している。

商船三井とオリジンは、2021年12月までを目途として、グリーンアンモニアの海上輸送手段や、日本やアジアにおける需要について調査を行い、サプライチェーン構築における課題を共同で検討していく。

アンモニアは燃焼時に二酸化炭素を排出しない次世代のクリーンエネルギーとして、また水素輸送手段としての「水素キャリア」として、日本政府が掲げる2050年カーボンニュートラル社会の実現に向けての有望なエネルギーとして注目されている。

再生可能エネルギーを利用し、製造時に二酸化炭素を排出しないグリーンアンモニアの利用は、サプライチェーンにおける二酸化炭素排出の低減に寄与する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集