LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

DNPほか/トレーサビリティの信頼性高めたサプライチェーン構築

2021年08月25日/IT・機器

大日本印刷(DNP)は8月25日、三菱ケミカル(MCC)、リファインバースグループと連携し、オランダのCircularise(サーキュライズ社)の情報管理システムを活用し、バイオマスやリサイクル原料の管理・追跡(トレーサビリティ)や、ライフサイクルアセスメント(LCA)等の環境負荷の評価指標への対応を含めた、透明性・信頼性の高いサプライチェーン構築について、9月末までにかけて共同で実証試験を行うことにしたと発表した。

<ブロックチェーンでトレーサビリティの信頼性を高めたサプライチェーン構築概要図>
20210825dnp 520x349 - DNPほか/トレーサビリティの信頼性高めたサプライチェーン構築

石油由来プラスチックの代替となるバイオマスやリサイクルなどの持続可能な資源を活用していくためには、原材料の使用量などの管理、認証材料などエビデンス管理が重要となる。また、各サプライヤーのCO2などGHG排出量の可視化や、最終消費者への製品の環境配慮度の見える化も求められている。

これに対し、サーキュライズ社は、パブリックブロックチェーンを利用し、原料から最終製品まで追跡するサプライチェーン・トレーサビリティシステムを開発している。機密性の高い独自の暗号化技術により、サプライチェーン内の各企業の機密情報や公開情報を管理・共有することができる。

DNP、MCC、リファインバースの3社は今回、本実証を通じて、バイオマスやリサイクル原料を使用した製品のさらなる高付加価値化や認証材料の管理にも寄与する高いトレーサビリティ精度を有するサプライチェーン構築の有用性を検証していく。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース