JAXA発ベンチャー/断熱保冷容器の開発でタイガー魔法瓶と提携

2021年10月12日 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)発ベンチャーのツインカプセラは10月12日、大気圏再突入カプセルの断熱保冷技術を用いた「超高性能断熱保冷・保温容器」の開発で、タイガー魔法瓶と業務提携に合意したと発表した。

<超高性能断熱保冷容器の想定利用領域>
20211012jaxa 520x272 - JAXA発ベンチャー/断熱保冷容器の開発でタイガー魔法瓶と提携

業務提携は主に技術面の連携に主眼を置いており、製品開発フェーズで、ツインカプセラは事業全体のとりまとめや、製品企画、製品全体設計・解析、関連機器等の設計・製造、検証試験等を担当。タイガー魔法瓶は、事業開発への協力や、真空断熱容器(魔法瓶)に関する技術支援・性能向上策の実施、真空断熱容器の供給等を担当する。

業務提携によって開発を進める超高性能断熱保冷容器は、検体・ワクチン・医薬品の保管・輸送など、高度な温度管理が鍵となる分野での利用を想定している。

<JAXAによる再突入カプセルミッションの概要>
20211012jaxa1 520x390 - JAXA発ベンチャー/断熱保冷容器の開発でタイガー魔法瓶と提携

タイガー魔法瓶は、2018年11月にJAXAが大気圏再突入カプセルによって国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙実験サンプル(高品質タンパク質結晶等)を保冷状態で回収した際、サンプルの温度を要求範囲(2~6℃)に維持するために開発した再突入カプセルの断熱保冷容器の開発に携わっている。また、ツインカプセラはJAXAで同プロジェクトの断熱保冷容器開発を担当したメンバーが設立したベンチャーで、同プロジェクトを通して獲得した技術や知見等を背景とし、新たなチャレンジに向けて業務提携を行うこととなった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集