モノフル/SBSリコーロジの幹線ネットワークを強化・可視化

2021年10月12日 

モノフル(日本GLPのグループ企業)は10月12日、SBSリコーロジスティクスと幹線ネットワークの強化に向け、モノフルが提供する運行情報可視化サービス「積載ナビ」の運用を開始したと発表した。

<ルート物量を地図上で可視化>
20211012monoful 520x221 - モノフル/SBSリコーロジの幹線ネットワークを強化・可視化

これまで、 配車業務はアナログであることが多く、属人化された業務が多いため、定期便を持つ多くの企業は、「既存ダイヤが適正かどうか判断できない」「繁忙期には各拠点がそれぞれの判断で臨時便を発注しており、輸送コストがかさんでいる」「輸送の全体最適化をしていきたいが、そもそもの稼働台数や積載率を把握できていない」等の課題があった。

SBSリコーロジスティクスでは、首都圏エリアを中心に以下のようなステップで幹線便の可視化を開始した。
1.計画情報(拠点情報、運行便・運行計画表、 計画積載量)を登録
2.実績情報(経由地、 実績積載量、 作業時刻)を入力
3.上記の情報をもとに、特定の期間の運行便・拠点区間を軸とした、積載率・実車率・運行ルートの予実を可視化

今後さらに対象拠点を広げることで、拠点間の配車状況の情報共有や車両の融通、各拠点での業務確認、また、空きトラックを活用し新たな荷物を運ぶ営業活動や収益化など、 活用シーンを次々に拡大していく予定だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集