大和物流/仙台エリア4拠点目の物流センターを着工

2021年10月21日 

大和物流は10月20日、仙台市宮城野区で物流施設「(仮称)仙台扇町物流センター」を着工した。

<完成予想図>
20211021daiwa 520x293 - 大和物流/仙台エリア4拠点目の物流センターを着工

同センターは、地上5階建て延床面積1万7000m2のボックス型物流施設で、竣工は2022年11月末を予定。竣工後は仙台エリアを商圏とする流通業者や小売業者向けの保管・輸配送拠点として運営する。

<地図>
20211021daiwa1 520x289 - 大和物流/仙台エリア4拠点目の物流センターを着工

建設地は国道45号線に面しており、仙台市中心部まで20分。国道4号線を利用して仙台市内全域をカバーでき、消費地への輸配送に適した立地となっている。

また、仙台東部道路の「仙台東IC」「仙台港IC」からそれぞれ4kmと近接し、東北自動車道へもアクセス可能なことから、関東地方や東北各県への広域配送にも対応。さらに、東北唯一の国際拠点港湾「仙台塩釜港」から8kmという立地のため、海上輸送にも対応できる。

<1階配置図>
20211021daiwa2 1 520x277 - 大和物流/仙台エリア4拠点目の物流センターを着工

建屋はカゴ台車などの荷役に適した高床式倉庫。バースにドックレベラーを設置し、海上コンテナなど多彩な貨物の取扱いを可能にするほか、フォークリフトや台車での積み下ろし作業を効率化し、荷役作業の生産性向上を図る。

バースには14台の大型トラックが同時に接車可能で、効率的な輸配送が求められる2次配送拠点や分散された物流拠点を集約するDCとしての運用にも対応。また、奥行13mの庇を備え、天候に左右されない入出庫を可能にする。

そのほか、地震発生時に荷物や設備のダメージを最小限に抑え、建物の機能を維持できるよう、外壁面に粘弾性ダンパーを組み込む。

<大和物流による仙台エリアの物流施設開発状況>
20211021daiwa3 520x303 - 大和物流/仙台エリア4拠点目の物流センターを着工

仙台市は東北自動車道、仙台南部道路、仙台東部道路、仙台北部道路が四方にあり、首都圏や東北各県をつなぐ交通の要所。特に、仙台塩釜港エリアは仙台市中心部へのアクセスに優れるとともに、陸・海・空の輸送においても利便性が高いことから、物流施設のハブ拠点として開発が進んでいる。

大和物流は、これまでに宮城県内で3か所・総延床面積1万5310m2の物流施設を開発・運営しており、今後のさらなる物流需要の増加を見据え、「(仮称)仙台扇町物流センター」の開発を決定した。

■大和物流「(仮称)仙台扇町物流センター」概要
建設地:仙台市宮城野区扇町1-7-5他
敷地面積:8384.38m2
延床面積:1万6876.36m2
構造:鉄骨造・地上5階建て(2階は事務所のみ)
バース形状:高床式
床荷重:1階2.0トン/m2、3・4・5階1.5トン/m2
梁下有効高:1階6.5m、3・4・5階5.5m
搬送設備:貨物用エレベーター2基(3.6トン1基、4.6トン1基)
垂直搬送機:3基(1.5トン)
ドックレベラー:2基
アクセス:仙台東部道路「仙台港IC」4km、仙台東部道路「仙台東IC」4km
最寄駅:JR仙石線「福田町駅」1.4km、「小鶴新田駅」1.6km
着工:10月20日
竣工:2022年11月30日(予定)
稼働:2022年12月1日(予定)
施主・運営:大和物流
設計・施工:大和ハウス工業

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集