日本梱包運輸倉庫/岩手県に北上営業所第二倉庫を着工へ

2021年10月21日 

日本梱包運輸倉庫は10月21日、東北地方の物流機能強化のため、岩手県北上市に北上営業所第二倉庫の建設に伴う地鎮祭を10月20日に行ったと発表した。

<北上営業所第二倉庫完成予想図>
20211021nikkon 520x365 - 日本梱包運輸倉庫/岩手県に北上営業所第二倉庫を着工へ

北上営業所は、東北自動車道 北上 ・ 金ケ崎 ICより4分 (1.8 ㎞ と 良好なアクセスを誇り 、岩手県内はもとより東北各地を広くカバー できる利便性の高いロケーションとなっている。

第二倉庫は、既存倉庫の東側に建設し、延床面積は1万5180m2(4 591.95坪)、貨物用エレベーター、垂直搬送機、及び低床掘込型で ドックレベラーを備えたコンテナピット 、トラックピットを導入する計画で、営業開始は2022年9月を予定している。

構造上では、降雨・降雪時等の荷役に備え、倉庫南側はキャンテレバー方式とし、西側には長大な16mの庇を設置する。 また、積雪地であることを考慮し、庇等の先端には柱を設置してより安全性を高める。

第二倉庫の建設により、今後更に業容を拡大するとともに、東北地方のネットワークの強化と拡充を図り 、多様化・高度化する顧客の物流ニーズに応えていくとしている。

■概要
名称:北上営業所第二倉庫
所在地:岩手県北上市相去町山根梨の木43-155
TEL:0197-67-5286
敷地面積:3万8699.93m2
構造規模:鉄骨造2階建て
延床面積:1万5180m2
有効高さ:最大 6.6m
主要設備:貨物用エレベーター、垂直搬送機、コンテナピット

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集