川崎重工業、ヤンマーパワーテクノロジー、ジャパンエンジンコーポレーションの3社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から公募された「グリーンイノベーション基金事業/次世代船舶の開発プロジェクト」に「舶用水素エンジンおよび MHFSの開発」を提案し、採択されたと発表した。

<舶用水素エンジンおよび MHFSの開発>
20211026kawajyu 520x363 - 川崎重工等/舶用水素エンジン、MHFSでグリーンイノベーション

この実証事業は、2020年12月25日に経済産業省が関係省庁と策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」に示される、積極的な温暖化対策を行うことで産業構造や社会経済に変革をもたらし、次なる成長につなげていく「経済と環境の好循環」の一助を担うことを目指すもの。

川崎重工が中速4ストロークエンジン、ヤンマーパワーテクノロジーが中・高速4ストロークエンジン、ジャパンエンジンコーポレーションが低速2ストロークエンジンの開発に同時並行で取り組み、様々な用途に対応可能なエンジンラインアップを2026年頃に完成させるとともに、船社、造船所と協力し、実船での実証運航を行うことで、社会実装につなげる予定だ。

さらに川崎重工は、この実証の中で舶用水素燃料タンク・燃料供給システムの開発を担当し、各社と共同で水素燃料推進システムの実現を目指す。また、今後3社の共同出資会社であるHyEngを介して、基礎燃焼解析や素材、シール技術開発、船級規則対応などの共通技術要素の開発、共用試験設備の利用で連携を図る。

川崎重工、ヤンマーパワーテクノロジー、ジャパンエンジンコーポレーションは、各社が培ってきた技術や知見を結集し、舶用水素エンジンおよび MHFS の完成を目指す。また、川崎重工が将来のさらなる水素供給コスト低減に向けて提案し、別途採択された液化水素サプライチェーンの商用化実証とも連携のうえ、3社は2050年までのカーボンニュートラル実現に貢献するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集