ドイツ日通/セルビアで支店開設、日系フォワーダー初

2021年10月27日 

日本通運の現地法人ドイツ日本通運は10月27日、セルビア共和国にベオグラード支店を開設し、10月11日から営業を開始したと発表した。

<事務所が入居するビル>
20211027nittsu1 520x510 - ドイツ日通/セルビアで支店開設、日系フォワーダー初

<ベオグラード支店所在>
20211027nittsu2 520x450 - ドイツ日通/セルビアで支店開設、日系フォワーダー初

ヨーロッパ中心部に位置するセルビアは、その生産拠点としての優位性から自動車製造業や電気機器・部品製造業などのモビリティならびにEV 関連産業での企業進出が増加している。また近年の経済成長率は2~4%で推移しており、今後も高い経済成長が見込まれている。

ドイツ日通は、セルビアに日系フォワーダーとして初めて自社拠点を開設することで、同国およびバルカン諸国を含めた中東欧諸国でモビリティ関連産業をはじめ、ビジネス展開をしている様々な企業に対して営業強化を図っていく。

同社はベオグラード支店の開設により中東欧地域での物流サービスの拡充を図っており、今後も世界各地において多様化する物流ニーズに応えていくとしている。

■拠点概要
名称 :ドイツ日本通運 ベオグラード支店
(NIPPON EXPRESS (DEUTSCHLAND) GMBH BELGRADE BRANCH)
住所 :SREMSKA 4. 2100 NOVI SAD, SERBIA
業務内容:フォワーディング(航空・海運・鉄道)業務、倉庫・配送業務、引越業務

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集