日立造船、商船三井、ヤンマーパワーテクノロジー(YPT)の3社は10月27日、グリーンイノベーション基金において新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「次世代船舶の開発プロジェクト」で、日立造船を幹事会社として「触媒とエンジン改良によるLNG燃料船からのメタンスリップ削減技術の開発」を提案し、採択されたと発表した。

<メタンスリップ削減システムのイメージ>
20211027hitz 520x253 - 日立造船等/LNG燃料船からのメタンスリップ削減技術開発へ

<実船実証を予定している大型石炭専用船のCG画像>
20211027hitz1 520x290 - 日立造船等/LNG燃料船からのメタンスリップ削減技術開発へ

同事業では、2021~2026年度までの6年間で、メタン酸化触媒とエンジンの改良を組み合わせ、LNG燃料船のメタンスリップ削減率70%以上を実現し、LNG燃料船のさらなる環境負荷低減を目指す。

また、YPTは名村造船所へ委託し、日立造船、商船三井と共に本研究で開発するシステムの実船搭載技術の確立を行う。

今後は、名村造船所で建造し商船三井が運航するLNGを燃料とする大型石炭専用船に同システムを搭載して実船実証を実施。システムの早期技術確立を進め、今後のカーボンリサイクルメタンの活用を視野に2050年までのカーボンニュートラル社会の実現を目指し取り組みを進める。

メタンスリップとは、LNG燃料中のメタンの一部が未燃のままメタンとして大気中に排気されること。メタンはCO2に比べて温室効果が高く、GHG削減の観点からもメタンスリップの削減が求められている。

近年、環境意識が世界的に高まりを見せる中、船舶業界では船舶燃料のクリーン化に向けて、世界各地で環境負荷が低いLNG燃料船の導入が進められているが、LNG燃料はCO2削減効果がある一方で、メタンスリップの削減が課題となっている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集