日本郵船ほか/アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の実証事業

2021年10月27日 

日本郵船、ジャパンエンジンコーポレーション、IHI原動機、日本シップヤードは10月26日、グリーンイノベーション基金事業の一環である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)助成事業の公募採択を受け、協力機関である日本海事協会を合わせた5者で、2021年12月より「アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の開発」を開始する予定と発表した。

<アンモニア燃料タグボート>
20211027nyk1 520x367 - 日本郵船ほか/アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の実証事業

<スケジュール>
20211027nyk2 520x108 - 日本郵船ほか/アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の実証事業

アンモニアを燃料とすることによって、航海中の温室効果ガス(GHG) 排出量を従来よりも大幅に削減することが可能となり、2030年よりも早期の社会実装を目指すとともに、将来的には船のゼロエミッション化実現を目標に取り組みを進める。

今回、アンモニア燃料タグボートの開発・運航とアンモニア燃料アンモニア輸送船の開発・運航が採択され、それぞれNEDOの助成を受けて実証事業を実施する。

アンモニア燃料は、着火しにくい難燃性がボトルネックになるため、このプロジェクトではパイロット燃料として少量の燃料油を使用する想定をしている。2024年度の就航をターゲットとして、アンモニア燃料混焼率80%以上を達成することによるGHG排出量削減を目指す。将来的には、バイオ燃料等をパイロット燃料として使用することによってGHG排出総量ゼロを達成することを視野に入れて混焼率向上に取組み、実証運航にて安定運航を確認していく。

各社の役割は、日本郵船がプロジェクト統括、船舶の設計、機器配置の検討・搭載、法規対応、IHI原動機がアンモニア燃料4ストロークエンジン(注3)の開発、日本海事協会がアンモニア燃料タグボートの安全性評価となる。

<アンモニア燃料アンモニア輸送船(AFAGC)のイメージ>
20211027nyk3 520x347 - 日本郵船ほか/アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の実証事業

<スケジュール>
20211027nyk4 520x131 - 日本郵船ほか/アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の実証事業

また、2026年度の就航をターゲットとして、貨物としてアンモニアを運搬し、航海中はその貨物および貨物から気化するアンモニアガスを燃料として動くコンセプトのアンモニア燃料アンモニア輸送船の開発・運航を目指す。
船舶を動かす主機においてアンモニア燃料混焼率最大95%、発電機を動かす補機においてアンモニア燃料混焼率80%以上を達成することによるGHG排出量削減を狙う。

各社の役割は、日本郵船がプロジェクト統括、船舶の設計・法規対応、ジャパンエンジンコーポレーションがアンモニア燃料2ストロークエンジン(主機)の開発、IHI原動機がアンモニア燃料4ストロークエンジン(補機)の開発、日本シップヤードが船体開発・本船の建造手法の検討、日本海事協会がアンモニアを主燃料とするアンモニア運搬船の安全性評価となる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集