LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP等/ALFALINK相模原で自動運転バス運行へ

2021年11月10日/IT・機器

日本GLP、ティアフォー、損害保険ジャパン、アイサンテクノロジーは11月10日、「GLP ALFALINK 相模原」の敷地内で、2025年の無人モビリティサービスの本格普及を見据えた長期技術・サービス実証を開始すると発表した。

<自動運転バスのイメージ>
20211110glp 520x327 - 日本GLP等/ALFALINK相模原で自動運転バス運行へ

実証は11月12日~2022年3月31日にかけて実施。タジマ社製の小型EVバスを自動運転仕様に改造した車両が、レベル4(特定条件下で完全自動運転が可能)による自動運転で「GLP ALFALINK 相模原」の敷地内を走行する。

この実証は、「ALFALINK」のコンセプトの1つである「Open Hub」(物流をもっとオープンに)に基づく取組の一環。敷地内で自動運転バスを運行することで、顧客に施設内での効率的な移動手段を提供するとともに、地域住民に同施設への興味と親しみを持ってもらう機会を創出し、施設の従業員には快適で安全な職場環境の充実を図る。

日本GLP、ティアフォー、損害保険ジャパン、アイサンテクノロジーの4社は、今回の実証による効果を検証したうえで、「GLP ALFALINK 相模原」で同サービスの運用を開始する予定。サービス開始時期は関係各所との協議を踏まえて決定するが、早ければ2022年にも提供開始となる見通しだ。

■各社の役割分担
ティアフォー:レベル4相当の自動運転技術・サービス実証の実施
日本GLP:テストフィールド提供、実装先候補
損保ジャパン:自動運転リスクアセスメント、遠隔見守りサポート、自動運転専用保険の提供
アイサンテクノロジー:高精度3次元地図の作成・提供

■走行テストの概要
実施期間:11月12日~2022年3月31日
走行ルート:GLP ALFALINK 相模原敷地内
車両:タジマ社製のGSM8(手動運転車両/10名乗り)を自動運転対応車両に改造
乗車対象:GLP ALFALINK 相模原のテナント従業員

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース