DHLサプライチェーン/医療機器対応の物流施設国内5か所に設置

2021年11月24日 

DHLサプライチェーン(DHL)は11月24日、世界最大級の医療機器、診断、デジタルソリューションのイノベーター、GEヘルスケア・ジャパン(GEヘルスケア)より受託した業務に対応するために、川崎、札幌、名古屋、大阪、福岡の国内5か所にロジスティクスセンターを開設したと発表した。

<オペレーション開始の記念写真>
20211124dhl 520x391 - DHLサプライチェーン/医療機器対応の物流施設国内5か所に設置

DHLは、GEヘルスケアの日本国内でのサービスの提供を支援するために、すべてのセンターにおいて、GEヘルスケアの革新的な医療機器およびサービスに関連した保守部品の倉庫管理を行い、アクセスしやすく、質が高く、手頃なヘルスケアを求める需要に応えていくとしている。

川崎にある東京中央物流センター(CDC)では、グローバルサービスを支援し、医療従事者が患者さんに最高の医療を届けることができるよう、配送と規制対応、コールセンター業務、輸入、返品管理、需要対応等のサービスを24時間365日体制で提供する。

約5000m2の規模の川崎は、5拠点のうち最大の拠点であり、ロボティクスや冷蔵冷凍装置、ハイスペックなシステムの導入にも対応可能な汎用性を備え、年間60万件以上のオーダーを処理する。5拠点はネットワーク重心分析に基づきそれぞれ戦略的な立地を考慮して選定され、近隣の複数のクリニックや病院へ供給する地域物流センターとして、医療関連の保守部品を要望に応じてGEヘルスケアの顧客の元へ迅速に届ける。

DHLサプライチェーンのDHLサプライチェーンのヨンファ(アルフレッド)・ゴー日本・韓国クラスターCEOは、「当社はすでに10か国、13拠点でサービスロジスティクスサービスをGEヘルスケアへ提供しており、 サービスレベルに対し高い評価を得ている。ワールドクラスの倉庫基準、ネットワークのスケーラビリティ、可視性および柔軟性、イノベーション、独自のオペレーション管理手法を活用した継続的改善等、海外でのベストプラクティスを展開しながら、日本においても当社の能力を発揮し、価値を提供できることを大変光栄に思う」と述べている。

GEヘルスケア・ジャパンの仲手川 晃子グローバルサービスパーツオペレーション部長は、 「以前より、保守部品の物流管理において、品質やコストに課題を抱えていた当社にとって、物流の最適化は急務だった。そうした中、DHLの強力なパフォーマンス管理、積極的な継続的改善文化、最適化されたサプライチェーンコスト、必要な地域をすべてカバーしているサービスロジスティクスネットワークは、 GEヘルスケアのビジネスの成長における優先事項に一致し、両社において強力なビジネスフィットを生み出すと感じた。グローバルな知見と、ローカルライズされたノウハウを併せ持ったDHLは、GEヘルスケアが効率的なサービスを提供する上で、理想的なパートナーと言える」とコメントしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集