LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/アジアの物流施設などを組み入れるREIT組成

2021年11月29日/国際

大和ハウス工業は11月26日、100%子会社のDaiwa House Asset Management Asiaが、資産運用に係る業務を行う不動産投資信託(REIT)「Daiwa House Logistics Trust(DHLT)」を組成し、同日、シンガポール証券取引所に上場したと発表した。

大和ハウス工業は、国内各地で300棟以上、総延床面積1090万m2の物流施設を開発するとともに、グループでは大和ハウスリート投資法人、大和ハウスグローバルリート投資法人、大和ハウスロジスティクスコアファンド等で国内不動産を中心に資産総額約1.7兆円のファンドを運用している。

DHLTはアジアの物流施設などを投資対象としたREITだが、日本では大和ハウスグループの既存REITやファンド等がカバーしない借地物件や地方物件にも投資する事が可能なため、多岐にわたる物件の組み入れを期待している。

また、大和ハウス工業はベトナム、マレーシア、インドネシア、タイといった東南アジアの各国で物流施設などの開発と運営を行っているが、DHLTの上場によって東南アジアでも開発事業とファンド運用事業の両立を目指すことで、今後の大和ハウスグループの事業展開への寄与を見込んでいる。

なお、DHLTには東南アジアの物件は第1位、日本国内物件は大和ハウスリート投資法人、大和ハウスグローバルリート投資法人、大和ハウスロジスティクスコアファンドに次ぐ優先交渉権を付与している。

■Daiwa House Logistics Trust概要
取得資産規模:約805億円(約9億5300万シンガポールドル、鑑定評価額ベース)
投資対象:物流施設および事業施設
投資エリア:アジア(上場時の全14物件の所在地は日本)
上場日:11月26日
大和ハウス工業出資比率:14%(別途、永久劣後債30億円を引き受け)
資産運用会社:Daiwa House Asset Management Asia

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース