LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱商事子会社/物流施設特化型米国不動産開発ファンド組成

2021年11月29日/国際

三菱商事の100%子会社であるダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM)は11月26日、物流施設特化型の米国不動産開発ファンド「DREAM US Fund 4」を組成したと発表した。

「DREAM US Fund 4」は、DREAMが国内の機関投資家向けに組成した海外不動産開発案件を対象とした「DREAM US Fund」シリーズの4号ファンド。

ファンド規模約7000万ドル、運用期間は原則5年のセミブラインド型ファンドで、開発・リースアップを経て、物件を外部売却することを想定しており、DREAM US Fundシリーズ初の物流施設特化型ファンドとなっている。

米国の物流施設は新型コロナウイルス感染拡大以降も日本国内と同様に投資需要、テナント需要ともに堅調に増加しており、投資案件の確保が難しい状況下にある。同ファンドは日本の投資家に良質な投資機会を提供するもの。

同シリーズでは過去3案件(計5棟)の物流施設への投資で、何れも当初想定に比して高いパフォーマンスを実現しており、同ファンドについても明確な投資戦略に基づき、ターゲット水準を超えるリターンの獲得を目指す。

<テキサス州マッキーニー物流施設(イメージ)>
20211129dream 520x305 - 三菱商事子会社/物流施設特化型米国不動産開発ファンド組成

<メリーランド州ダウンズビル物流施設(イメージ)>
20211129dream1 520x290 - 三菱商事子会社/物流施設特化型米国不動産開発ファンド組成

同ファンドは、シードアセットとして総事業費計約1億7000万ドルの不動産開発案件2案件(テキサス州の人口増加が著しいエリアに所在するラストワンマイル物流施設及び、メリーランド州に所在し東海岸大都市圏へのアクセスが良好な広域配送型物流施設)を取得予定。今後はシードアセットに加え、ブラインド枠を用いて2~3案件に対する投資を予定している。

なお、同ファンドは、北米三菱商事会社100%出資の不動産投資会社Diamond Realty Investmentsが米国で手掛ける開発事業に共同出資(50%未満)を行うストラクチャーであり、DREAMは、同じく北米三菱商事会社100%出資の不動産運用会社であるDiamond Realty Management Americaと連携しながら、同ファンドを運用していく。

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース