川崎重工/無人VTOL機+配送ロボットによる物資輸送に成功

2021年11月29日 

川崎重工業は11月29日、自社開発した無人VTOL機「K-RACER」と配送ロボットの連携による無人物資輸送の概念実証に成功したと発表した。

<実証の流れ>
20211129kawasaki 520x264 - 川崎重工/無人VTOL機+配送ロボットによる物資輸送に成功

「K-RACER」は、2020年に飛行試験を実施した機体を改修してペイロード100kgを実現するとともに、配送ロボットとの連携機構を搭載した。パワーユニットには、カワサキモータースが製造するモーターサイクル「Ninja H2R」のスーパーチャージドエンジンを採用している。

配送ロボットは、ロボティクスやモーターサイクル、多用途四輪車のオフロード走行技術の知見を生かし、荒れた路面や段差のある道路でも安定して走行できるように開発した配送ロボットをベースに、「K-RACER」への搭載が可能な車両として開発した。

実証では、荷物を積載した配送ロボットが「K-RACER」に自動で乗り込み、配送ロボットを積載したまま自動飛行、着陸後に配送ロボットが自動で離脱し荷物を届ける一連のシーケンスを実施し、将来的に荷物を人の手を介さない完全無人での輸送が可能であることを確認した。

なお、「K-RACER」は今後、長野県伊那市から委託を受けて実施する「無人VTOL機による物資輸送プラットフォーム構築事業」でも使用する予定。

■使用機体の仕様
無人VTOL機「K-RACER」
駆動方式:レシプロエンジン型(Ninja H2R向けスーパーチャージドエンジン)
飛行形態:垂直離着陸方式
制御方式:自動飛行
ペイロード:100kg

配送ロボット
駆動方式:電動
制御方式:自律走行型
無人VTOL機との連携:無人VTOL機への接近・乗り込み・離脱含め全自動で連携

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集