川崎汽船/バイオ燃料で自動車船を試験航行

2021年12月02日 
関連キーワード:

川崎汽船は12月2日、国際的統合エネルギー企業のbp社と舶用バイオ燃料の供給契約を締結し、自社で運航する自動車専用船「POLARIS HIGHWAY」で舶用バイオ燃料を用いた試験航行を実施したと発表した。

同船は11月6日にオランダ・フラッシング港でbp社から舶用バイオ燃料の供給を受け、欧州ECA出域後に舶用バイオ燃料を用いた試験航行を行った。

バイオ燃料は、既存のディーゼルエンジンの仕様を変えずに使用することが可能。化石燃料と比べてライフサイクル(原料の栽培から最終的な燃料利用まで)で約8~9割のCO2削減効果が期待できる。

今回使用したバイオ燃料は、食料や飼料と競合する原料の使用を避けたバイオマスなどの再生可能な有機資源を原料としたもの。

川崎汽船では、環境に関わる長期指針「“K”LINE 環境ビジョン 2050~青い海を明日へつなぐ~」で、国際海事機関(IMO)が定める2030年目標である「CO2排出効率2008年比40%改善」を上回る「同50%改善」を目標に設定し、さらに2050年の目標としてGHG排出ネットゼロに挑戦していくことを掲げている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集