LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日立物流/大阪・舞洲営業所の火災鎮圧、3.8万m2が消失

2021年12月03日/3PL・物流企業

日立物流は12月3日、日立物流西日本の舞洲営業所(大阪市此花区)で発生した火災が、同日午前11時に鎮圧されたと発表した。

<火災発生当日(11月29日)の消火活動>
20211203osaka 520x347 - 日立物流/大阪・舞洲営業所の火災鎮圧、3.8万m2が消失

<航空写真>
20211203osaka1 520x293 - 日立物流/大阪・舞洲営業所の火災鎮圧、3.8万m2が消失

<高所作業車による消火活動(12月1日)>
20211203osaka2 520x347 - 日立物流/大阪・舞洲営業所の火災鎮圧、3.8万m2が消失

<消火効率を上げるため使用した泡消火薬剤の跡>
20211203osaka3 520x347 - 日立物流/大阪・舞洲営業所の火災鎮圧、3.8万m2が消失
写真はいずれも大阪市消防局提供

火災によって、舞洲営業所が入居する物流施設「GLP舞洲II」では、延床面積5万3000m2の建物のうち3万8000m2が消失した。舞洲営業所で取り扱っていた医薬品、医療用品、食品、工具などの荷物については、荷主の要望に応じて周辺事業所や他地域の拠点で業務を代替している。

出火場所や原因については、消防・警察が調査中。貸主のGLP投資法人によると、「GLP舞洲II」には火災・利益保険が付保されているが、補償範囲や保険金の支払時期等の確定には相応の時間がかかる見込みだとしている。

今回の火災は、11月29日の午前8時50分頃に発生。鎮圧までに5日間を要し、延べ消防車両445台、ヘリコプター2機が出場した。従業員については全員の無事を確認しており、大阪市消防局から負傷者1名(軽症)が発表されている。

なお、大阪市消防局では類似火災を防止するため、延床面積5万m2以上の倉庫を対象に11月30日から緊急の立入検査を実施している。

■発生場所
施設名称:日立物流西日本 舞洲営業所(GLP舞洲II)
所在地:大阪市此花区北港緑地2-1-92
主な取扱品:医薬品、医療用品、食品、工具など

■GLP舞洲II概要
土地面積:2万4783.06m2
延床面積:5万2934.14m2
構造・階数:鉄骨鉄筋コンクリート造合金メッキ鋼板ぶき6階建
建築時期:2006年10月15日

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース