JR貨物/第21回貨物鉄道論文賞の受賞論文決定

2021年12月07日 
関連キーワード:

JR貨物(日本貨物鉄道)は12月7日、「第21回貨物鉄道論文賞」の受賞論文を決定したと発表した。

受賞論文は、最優秀賞、優秀賞、特別賞1点ずつの計3点。

最優秀賞には、北海商科大学大学院の永吉 大介さんと相浦 宣徳さんによる「バランスのとれた北海道内物流の構築にむけた貨物鉄道利用促進の再検討~この10年間の社会情勢の変化を踏まえて~」を選定。

また、優秀賞には濃飛倉庫運輸 大阪支店の柴田 秀登さんによる「日本海貨物輸送ベルトによる国土軸複線化構想とそのビジネスモデルの検証」、特別賞にはラルズの門脇 幸治さんの「小売業が主体となった物流業務の見える化と今後の課題」が選ばれた。

貨物鉄道論文賞は、貨物鉄道輸送に関する先進的な利用実績や独創的な提案・研究などを顕彰する制度。従来は「鉄道貨物振興奨励賞」として行っていたが、21回目となる今回を機に環境負荷が極めて低く大量の貨物を効率的かつ安定的に輸送できる貨物鉄道の特性を未来に向け発揮させていくことや、より一層幅広く募集を募るため、名称をより分かり易い「貨物鉄道論文賞」に改称した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集