JX金属/300億円投資、茨城県日立市内2か所に新工場建設

2021年12月09日 

JX金属は12月8日、茨城県日立市内に半導体用スパッタリングターゲットと圧延銅箔の生産工場をそれぞれ建設すると発表した。

投資額は2工場で計300億円を予定している。

<日立北新工場(仮称)>
20211209jx 520x289 - JX金属/300億円投資、茨城県日立市内2か所に新工場建設

半導体用スパッタリングターゲットを製造する「日立北新工場(仮称)」は、140億円をかけて日立北部工業団地内に建設する。

半導体用スパッタリングターゲットは、先端半導体の微細配線材料に使用されている。

JX金属は、2020年12月に同製品の生産能力を2020年度比30%増とする計画を発表しているが、半導体産業の拡大が想定を超えて進む中、発表内容から大幅に上積みし、総額320億円規模、2020年度比80%増の能力増強を行う予定だ。新工場の建設はその一環で、溶解・圧延工程を担う。

<日立新工場(仮称)>
20211209jx1 520x371 - JX金属/300億円投資、茨城県日立市内2か所に新工場建設

圧延銅箔を製造する「日立新工場(仮称)」は、日立事業所内の白銀地区に160億円を投じて建設する。

圧延銅箔は主にフレキシブルプリント基板に用いられており、通信技術の進展やモバイル端末の高機能化により需要が増大している。

日立事業所では同製品の最終工程である表面処理を行っているが、倉見工場(神奈川県高座郡)のみが担っている圧延工程の生産ラインを日立事業所の新工場にも設置することで、BCP体制を強化するとともに、2020年度比で25%の生産能力増強を図る。

半導体用スパッタリングターゲットと圧延銅箔の需要は、DX(デジタルトランスフォーメーション)や脱炭素化に向けた動きの加速などを受けて大きく伸長しており、市場は今後も継続的かつ大幅に成長する見込み。

JX金属はこれまでも両製品の生産能力増強を進めてきたが、足元で急拡大する需要に機動的に対応するため、今般さらなる投資の実行を決定した。

なお、日立市への工場新設に加えて他拠点での設備増強も計画しており、これらも含めた投資総額は480億円規模となる。

■新工場の概要
「日立北新工場(仮称)」
建設地:茨城県日立市砂沢町
延床面積:2万3348.04m2
生産品目:半導体用スパッタリングターゲット
従業員数(予定):30~40人
稼働開始(予定):2023年度下期
設置設備(予定):半導体用スパッタリングターゲット溶解・圧延設備

「日立新工場(仮称)」
建設地:茨城県日立市白銀町(日立事業所 白銀地区)
延床面積:8001.77m2
生産品目:圧延銅箔
従業員数(予定):20~25人
稼働開始(予定):2024年度上期
設置設備(予定):圧延機、脱脂ライン

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集