シンガポール航空/貨物機の更新でエアバスA350Fを選定

2021年12月16日 
関連キーワード:

シンガポール航空は12月16日、 エアバス社とエアバスA350F貨物機7機(追加5機の発注オプション付き)の購入に向けて基本合意書(LOI: Letter of Intent)を締結したと発表した。

<エアバスA350F>
20211216singapoll 520x390 - シンガポール航空/貨物機の更新でエアバスA350Fを選定

<エアバスA350Fとボーイング747-400Fとの比較>
20211216singapoll2 520x139 - シンガポール航空/貨物機の更新でエアバスA350Fを選定

納入は2025年第4四半期を予定しており、シンガポール航空は新世代型のワイドボディ貨物機を運航する初めてのエアラインとなる予定。

この契約には、シンガポール航空グループが発注済みの旅客機、エアバスA320neoの15機とエアバスA350-900の2機との置き換えが含まれている。これにより、資本支出を管理しながら、 必要な貨物機の機材更新を継続することが可能になる。

エアバスA350Fは、シンガポール航空が保有する貨物機のボーイング747-400Fと同程度の貨物を輸送する能力があり、同機の後継機となる予定。同条件で輸送した場合、燃料消費が最大40%少ないため運航効率性に優れ、さらに航続距離の長さを生かすことで機材の配置にも柔軟性をもって対応することができる。エアバスA350Fには、ロールスロイス社製「トレントXWB-97」のエンジンが搭載されている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集