山九/サウジアラビア初の経済特区にコンテナヤード建設

2021年12月16日 
関連キーワード:

山九は12月16日、サウジアラビア現地法人の山九サウジアラビアが、2022年春にサウジアラビア西岸のキングアブドラ経済都市(KAEC)にコンテナヤード「KAEC CONTAINER YARD(KCY)」を建設し、コンテナデポと倉庫の営業を開始すると発表した。

<KAECコンテナヤード完成イメージ>
20211216sankyu 520x291 - 山九/サウジアラビア初の経済特区にコンテナヤード建設

<位置図>
20211216sankyu1 520x374 - 山九/サウジアラビア初の経済特区にコンテナヤード建設

KAECには世界各国から自動車メーカーを中心とした多くの企業が進出しており、2022年末までには200社の進出が見込まれる成長著しいサウジアラビア初の経済特区。山九では今回の進出に先駆けて、11月2日にKAECを管理するEMAAR THE ECONOMIC CITY社と20年間の賃貸借契約を締結した。

また、KAECに隣接するキングアブドラ港(KAP)は世界有数の高効率性な港で、サウジアラビア西部最大の工業地帯であるYANBU地区から240km、世界最大級の石油精製・石油化学コンビナートを有するラービグ地区から30kmとアクセスに恵まれており、それらの地域で出荷される商材の輸出港としての取り扱い増加が期待されていることから、KCYはKAPで取り扱いされる貨物の一時保管場所としての利用を見込んでいる。

今後、山九は同地とマレーシアで2022年9月に開設予定となるアジアハブセンターを軸としたグローバルネットワークを充実させ、さらなる事業拡大を推進。将来的には保税地域への進出も目指し、国際物流ネットワークの発展に寄与していくとしている。

■KAEC CONTAINER YARD概要
所在地:PLOT(IV 3-C33),THE INDUSTRIALVALLEY,PHASE 3,
開設日:2022年春
賃借面積:6万5727.94m2
倉庫面積:2000m2
取扱貨物:化成品など

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集