LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ラサール不動産投資顧問/大阪湾岸エリアに5万m2物流施設

2021年12月16日/物流施設

ラサール不動産投資顧問は12月16日、大阪市住之江区に建設する「(仮称)大阪住之江物流センター計画」の起工式を実施した。

<南側外観パース図>
20211216lasalle 520x293 - ラサール不動産投資顧問/大阪湾岸エリアに5万m2物流施設

<北側外観パース図>
20211216lasalle1 520x292 - ラサール不動産投資顧問/大阪湾岸エリアに5万m2物流施設

同施設は地上4階建て延床面積5万m2のボックス型物流施設として開発する。着工は2022年1月6日、竣工は2023年3月を予定している。

建物は、1階の3面にトラックバースを備え、倉庫の梁下有効高は5.5m以上を確保。搬送設備は荷物用エレベーターを4基、垂直搬送機を6基設置する。

BCPでは、共用部・荷物用エレベーターなどの電力を72時間程度維持する非常用発電機の設置を予定。また、キュービクルや室外機などの各種設備機器を想定浸水ラインよりも上部に設置し、災害時のオペレーションへの影響を抑制する。

環境面では、倉庫内でLED照明や人感センサー、節水型衛生器具を配置するなど、省エネ対策や環境負荷低減にも配慮する。

<周辺地図>
20211216lasalle2 520x501 - ラサール不動産投資顧問/大阪湾岸エリアに5万m2物流施設

計画地は、大阪都心部から10km、大阪メトロ四ツ橋線「北加賀屋駅」から1.5kmと、都心部からのアクセスが良く、人口の多いエリアに位置しており、従業員の確保に優位性を持つ。

また、倉庫や事業所などが集積する工業専用地域の大阪湾岸エリアに位置し、24時間365日のオペレーションが可能。阪神高速15号堺線「玉出IC」から2.5km、大阪南港から6km、大阪中心部へ10kmと、大阪市内を中心とした一大消費地をはじめ、近郊都市にもアクセスが良好な立地で、関西エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けの市内配送と広域輸送を両立した保管・輸配送拠点ニーズを見込んでいる。

同施設の特徴について、ラサール不動産投資顧問の永井まり執行役員は「市街地に近い立地でありながら365日24時間のオペレーションが可能で、かつ鉄道、陸上輸送、海上輸送のあらゆる交通アクセスへの優位性を生かし、物流効率化に大きく貢献し得る高機能な施設」とコメントしている。

■「(仮称)大阪住之江物流センター計画」概要
建設地:大阪市住之江区柴谷1-10ー1、10ー24
敷地面積:2万3872.30m2
延床面積:4万9668.82m2
構造:鉄骨造、地上4階建、耐震構造
用途:物流施設
着工:2022年1月6日
竣工:2023年3月31日(予定)
設計・監理:大日本土木一級建築士事務所
施工:大日本土木・加賀田組建設共同企業体
施主:関西1プロパティー特定目的会社

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース