LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

楽天、西友/千葉県松戸市にネットスーパーの物流センター新設

2021年12月21日/物流施設

楽天グループと西友は12月21日、協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」で、ラサール不動産投資顧問とNIPPOが共同で開発する千葉県松戸市の大型物流施設の全フロアを賃借し、BTS型の専用物流センターを新設すると発表した。

<イメージ画像>
20211221rakuten 520x273 - 楽天、西友/千葉県松戸市にネットスーパーの物流センター新設

施設の稼働開始時期は、2023年上期を予定している。

新設する物流センターは、延べ床面積約7万1000m2(約2万1500坪)と、このサービスの物流センターで最大規模となり、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で最大4万~5万アイテムを保管できる。また、搬送などの自動化設備を導入し、倉庫内作業を効率化する。これにより、このサービスの当日配送枠を拡充し、首都圏での供給能力の強化を図るとともに、サービスの利便性向上を図る。

なお、「新しい生活様式」のもとECが生活基盤として定着し、ネットスーパーに対する需要は急速に拡大している。このサービスについても、2021年1月から3月の売り上げは前年同期比29.9%増、また4月から6月の売り上げは前年同期比28.4%増と、継続的に伸長している。

楽天と西友は今後も、強固なサービス供給体制の構築を推進し、高まるネットスーパーサービスへのニーズに応え、ユーザーの利便性向上を目指していくとしている。

■概要(ネットスーパーの新物流センター)
所在地: 千葉県松戸市稔台5丁目1番1
竣工: 2022年1月(予定)
稼動開始: 2023年上期予定
延床面積: 約7万1000m2(約2万1500坪)
貸借面積: 約6万7000m2(約2万坪)
物件階数: 地上4階建

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース