LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

楽天、西友等/つくば市でUGVの公道走行による配送サービス提供

2022年05月26日/IT・機器

楽天グループ、パナソニック ホールディングス、西友の3社は5月28日、茨城県つくば市内で自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)の公道走行による配送サービスの提供を開始する。

<サービスに使用するパナソニック製UGV>
20220526rakuten 520x390 - 楽天、西友等/つくば市でUGVの公道走行による配送サービス提供

サービスは7月30日までの毎週土曜日に、つくば駅周辺の約1000世帯へ提供する。

対象地域の住民がスマートフォンの専用サイトで商品を注文すると、UGVが注文から最短30分、または指定した配達時間帯に商品を配送する。

配送の対象となるのは、「西友つくば竹園店」で取り扱う商品のうち、生鮮食品、冷蔵・冷凍商品、弁当・惣菜を含む飲食料品や日用品など2000点以上。サービスの利用には110円の手数料がかかる。

配送中のUGVは、専用サイトで位置情報や到着予定時刻を確認でき、到着時には自動音声の電話やSMSによって通知する。

UGVはパナソニックHDが開発した自動配送ロボット「X-Area Robo(クロスエリア ロボ)」を使用。つくば市から60km離れた東京・銀座にある「Panasonic Laboratory Tokyo」から遠隔管制システムで遠隔監視・操作のもと自動走行する。

楽天、パナソニックHD、西友の3社は2021年3~4月にかけて、神奈川県横須賀市で国内初となるUGVの公道走行によるスーパーからの商品配送サービスを提供している。

また、楽天とパナソニックHDは、他6社とともに「ロボットデリバリー協会」を2022年2月に発足し、UGVが公道を走行するための業界における自主的な安全基準の制定や、認証の仕組みづくりに取り組むなど、UGVを活用した商品配送サービスの社会実装に向けて協働している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース