LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTT西日本など/ローカル5Gによる港湾業務の効率化等へ実証実験

2022年01月17日/IT・機器

⻄⽇本電信電話(NTT西日本)、夢洲コンテナターミナル、三菱ロジスネクスト、⼤阪市の4者による実証コンソーシアムは1月17日、関⻄エリアの港湾業務で初となるローカル5GのSub6帯(4.8GHz帯〜4.9GHz帯)を活⽤した港湾業務の効率化・⽣産性向上に向けた実証実験を、1⽉18⽇~3⽉25⽇にかけて⼤阪・関⻄万博予定地の夢洲で実施すると発表した。

<夢洲全体像>
20220117ntt 520x343 - NTT西日本など/ローカル5Gによる港湾業務の効率化等へ実証実験

実証実験は、同コンソーシアムによる実証提案「港湾・コンテナターミナル業務の遠隔操作等による業務効率化・⽣産性向上の実現」が、総務省「令和3年度課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」に採択されたことを受けて実施するもの。港湾事業の持続的発展や、2025年の万博開催に向けて抱えている交通課題、通信環境整備に関する課題の解決を目指す。

具体的には、空気中の伝搬による減衰が少なく、障害物があっても回り込んで届きやすい帯域であるSub6帯(関⻄エリアの港湾業務で初利⽤の帯域)を利⽤し、「コンテナターミナルゲートでのコンテナダメージチェックの遠隔化におけるゲート前待機列の改善に関する実証」「RTG(タイヤ式⾨型クレーン)等の遠隔操作を⾒据えたローカル5Gの有⽤性に関する実証」「外来トレーラーの⾞両情報を活⽤した周辺道路の渋滞状況改善に関する実証」を行う。

<コンテナの遠隔ダメージチェック実証のイメージ>
20220117ntt1 - NTT西日本など/ローカル5Gによる港湾業務の効率化等へ実証実験

「コンテナターミナルゲートでのコンテナダメージチェックの遠隔化におけるゲート前待機列の改善に関する実証」では、コンテナダメージチェックについて、ゲート作業員が判断できない場合に有スキル者が管理棟から駆け付けて確認作業を⾏っているところ、この時間を削減し、ゲート作業を効率化するため、ゲート作業員がスマートグラス(眼鏡型カメラ)を装着することにより、有スキル者によるダメージチェックを遠隔化できるか確認する。また、将来のダメージチェックのAI判定に向けてダメージ画像データを蓄積する。

<RTGの遠隔操作の有⽤性確認実証のイメージ>
20220117ntt2 520x435 - NTT西日本など/ローカル5Gによる港湾業務の効率化等へ実証実験

「RTG等の遠隔操作を⾒据えたローカル5Gの有⽤性に関する実証」では、RTG運転者の作業環境改善(危険作業の遠隔化)に向けて、ローカル5Gを⽤いて低遅延かつ⾼精細な映像伝送等を⾏うことにより、安定したRTG等の遠隔操作を実現できるか確認する。

< ⾞両情報を活⽤した渋滞状況改善実証のイメージ>
20220117ntt3 520x370 - NTT西日本など/ローカル5Gによる港湾業務の効率化等へ実証実験

「外来トレーラーの⾞両情報を活⽤した周辺道路の渋滞状況改善に関する実証」では、周辺道路の渋滞解消に向けて、コンテナターミナルに来場する外来トレーラーを、周辺道路とコンテナターミナルゲート前に設置した2台の4Kカメラで常時撮影
し、⾞両情報(ナンバー)を⾃動で取得することにより、待機時間の可視化と渋滞予測が将来的に実現できるか確認する。

また、コンテナターミナル内での積荷時間の削減に向けて、事前荷繰りに必要な⾞両情報を「CONPASS(Container Fast Pass、コンテナ物流の効率化・⽣産性の向上を⽬的に国⼟交通省が開発した新・港湾情報システム)」へ円滑に伝送できるか確認する。

このほか、「港湾エリアにおけるローカル5Gの有効性の検証」として、周辺に開放地・郊外地が存在する港湾エリアでの⽔⾯・コンテナ等を考慮した電波伝搬特性の調査や、電波反射板によるコンテナ裏などの電波の死⾓に対する通信エリア化ができるか検証する。

■各社の主な役割
⻄⽇本電信電話:プロジェクト全体総括、コンソーシアム全体管理、ローカル5Gを含むシステムの設計・導⼊、評価等
夢洲コンテナターミナル:実証フィールド提供、実装・⾃⾛の検討、評価等
三菱ロジスネクスト:実証の実施、実証結果を活⽤した他港湾事業者へのシステム提案、評価等
⼤阪市:実証フィールド周辺の道路利⽤等の各種調整、評価等

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース