LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/ノルウェー企業と液化CO2輸送・貯留事業会社設立

2022年01月19日/3PL・物流企業

日本郵船は1月18日、ノルウェーのKnutsen Group(クヌッツェン・グループ)と、液化二酸化炭素(液化CO2)の海上輸送・貯留事業に関する新規事業開拓およびマーケティングを行う合弁会社を設立したと発表した。

<バウローディングシステムを備えた液化CO2輸送船のイメージ>
20220119nyk 520x293 - 日本郵船/ノルウェー企業と液化CO2輸送・貯留事業会社設立

バウローディングシステムとは、洋上及び港で使用されるタンカーの船首から荷役作業を行うためのシステム。また、緊急時に速やかに離脱する目的で、荷役ホースの接続および切り離しが通常のタンカーの荷役システムと比べて容易だ。

新会社名はKnutsen NYK Carbon Carriers AS (KNCC社)とし、日本郵船とKnutsen Groupで50%ずつの出資比率となる。今後、KNCC社は常温での液化CO2の輸送・貯留を可能にするKnutsenが独自に持つPCO2という技術を使用した液化CO2輸送船の開発を行う。また、PCO2以外の技術を用いた低中圧型の液化CO2輸送船の開発も検討していく。

CO2を回収して転換利用や貯留を行うCCUS(Carbon Capture, Utilization and Storage)は、カーボンニュートラル社会を実現するための有効な手段として期待されている。そのバリューチェーンにおいて液化CO2輸送船は、液化されたCO2を貯留および利用する拠点まで輸送する役割を担うものとして、将来的な需要の拡大が期待されている。

■KNCC社の概要
本社所在地:ノルウェー・ハウゲスン
事業内容:液化CO2の海上輸送・貯留事業に関する新規事業開拓およびマーケティング
出資比率:日本郵船 50%、Knutsen Group 50%   
http://www.kn-cc.com

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース