LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

カネカ/100億円投じ、北海道に医療機器工場を新設へ

2022年01月24日/生産

カネカは1月24日、北海道の苫小牧東部産業地域(苫東地域)に医療機器の工場新設を決定したと発表した。

<新工場のイメージ図>
20220124kaneka 520x367 - カネカ/100億円投じ、北海道に医療機器工場を新設へ

投資金額は約100億円、2024年5月の稼働を予定している。

新工場は、製造プロセスの自動化、高度化による生産性の高いスマート工場とし、世界の旺盛な需要に対応してグローバルな事業拡大を加速する。Medical Solutions Vehicle(Medical SV)の新しいステージが始まる。

同社はMedical SVで医療機器を国内外へ事業展開している。今回生産を予定している医療機器は米国での適応拡大や昨年発売した新製品の投入が奏功し、着実に販売が伸びている。血中の悪玉コレステロールを選択的に除去する「リポソーバー」は、欧米を中心に今後も堅調な需要の伸長を見通している。

また新規の「レオカーナ」は、重症化した閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する新たな治療法として市場から高い評価を受けている。今後、潜在患者数が多い米国、中国などで需要の急拡大が見込まれ、今回の工場新設による供給基盤の確保により飛躍的な事業拡大を図る。

同社は広範なラインアップにより幅広いニーズに応えるMedical SV (インターベンション、血液浄化器など)と世界中の医薬品メーカーに価値あるソリューションを提供するPharma Solutions Vehicle(低分子医薬品、バイオ医薬品など)をHealth Care Solutions Unit(Health Care SU)とし、事業ポートフォリオ変革のドライバーと位置付けている。今回の北海道新工場建設を含めこの領域の事業展開をさらに飛躍させ、2030年にHealth Care SUの売上高3000億円を目指す。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース