LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコー/ダブル連結トラックを分離、2か所の納品先へ同時配送

2022年01月27日/3PL・物流企業

センコーは1月27日、国内で初めて、ダブル連結トラックを途中で切り離し、別々の顧客の納品先まで同時に配送する取り組みを開始したと発表した。

<ダブル連結トラック>
20220127senko 520x190 - センコー/ダブル連結トラックを分離、2か所の納品先へ同時配送

<出発式>
20220127senko1 520x345 - センコー/ダブル連結トラックを分離、2か所の納品先へ同時配送

1月26日に出発式を行い、旭化成ホームズとフジテックの2社の貨物輸送を開始した。

<取組概要>
20220127senko2 520x310 - センコー/ダブル連結トラックを分離、2か所の納品先へ同時配送

この取り組みでは、10トン車の後方にドリーと呼ばれる連結装置を取り付け、同装置によってセミトレーラーを連結したダブル連結トラックを使用する。

大型車2台分の貨物を別々に集荷し、2台を連結してセンコーの拠点を出発したダブル連結トラックは、高速道路の長距離区間をドライバー1人で輸送。

途中のダブル連結トラックドッキングステーションでドライバーが交代し、再び切り離し地点まで1人で輸送した後、大型トラックとセミトレーラーを分離して同時にそれぞれの配送先に向かうことで、ドライバーの拘束時間とCO2排出量の削減を同時に実現する。

この取り組みは、トラックドライバーの高齢化や、法改正でドライバーの時間外労働時間が1日あたり1時間短縮される2024問題への対応策として発表した「物流バス」サービスメニューの1つとして実施したもの。センコーは今後もダブル連結トラックの拡大を通じて、次世代の長距離幹線輸送を構築していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース