LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/昭島の65万m2の広さに「ALFALINKブランド」第4弾

2022年02月14日/物流施設

日本GLPは2月14日、東京都昭島市で約65万m2の土地を取得し、大規模多機能型物流施設「GLP ALFALINK昭島」の開発を行うと発表した。

<参考 GLP ALFALINK相模原 共用棟「リング」>
20220214glp1 520x347 - 日本GLP/昭島の65万m2の広さに「ALFALINKブランド」第4弾

<参考 地元の女子美術大学の学生とのコラボレーションで制作したイルミネーション>
20220214glp2 520x348 - 日本GLP/昭島の65万m2の広さに「ALFALINKブランド」第4弾

<参考 「防災ワークショップ」の様子>
20220214glp3 520x363 - 日本GLP/昭島の65万m2の広さに「ALFALINKブランド」第4弾

「GLP ALFALINK相模原」、「GLP ALFALINK流山」、「GLP ALFALINK茨木」に続く「ALFALINK」ブランドの第4弾として初の東京都内での展開。創造連鎖する物流プラットフォームを実現し、物流を中心とした複合施設を開発していく。2024年4月に開発着工、2026年頃より順次竣工し、全体の竣工は2028~29年を予定している。

昭島市が位置する東京西部地区は、対人口比で先進的物流施設の割合が低く、旺盛な需要が期待できる。また、国道16号および中央自動車道・圏央道へのアクセスも容易で、広域配送とエリア配送どちらのテナントニーズも取り込むことの出来る恵まれた立地。JR青梅線「昭島駅」、西武拝島線「西武立川駅」からも徒歩圏内に位置しており、雇用確保の点においても優位性がある。

「GLP ALFALINK昭島」は、次世代の流通ネットワークを支える高度な物流施設を中心とした複合施設となり、昭島市の産業基盤を拡充させるイノベーション拠点の創出を目指す。施設での新たな雇用機会を創出することで地域経済に貢献するとともに、就労人口の増加によってもたらされる周辺施設の活性化も促す。また、共用施設や敷地の一部を地域に開放し、賑わいある拠点づくりや、地域産業・先端産業との共創拠点となることを目指して様々な取り組みを行っていく。

開発地には、昭島市を象徴する「水と緑」をテーマに掲げ環境保全を行いながら周辺住民の方々の憩いの場、そして訪れた人々も享受できる開かれた緑と歩行者ネットワークを整備する。また地域の防災拠点としての機能も担えるよう、防災備蓄倉庫の整備や避難場所としての開放などを今後、市・地域の人々と協議していく。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「このたびは、神奈川・千葉・大阪と開発を進めてきた『ALFALINK』ブランドの第4弾として『GLP ALFALINK昭島』を開発する計画。日本GLPは、業界をリードする物流不動産デベロッパーとして、地域の人々や地域コミュニティとの共生を実現して豊かな生活・環境づくりを推進してきた。この開発においては、企業や周辺地域から人が集まりコミュニティやビジネス機会が創出されるような施設を軸としたまちづくりへの貢献を目指す」と述べている。

日本GLPは2009年に設立されてからこれまで、物流不動産デベロッパーとして地域コミュニティと地域の人々と共生し、ともに持続可能な豊かな社会を創っていくことを理念として、全国で物流施設の開発事業を展開してきた。大規模多機能型物流施設である「ALFALINK」はこうした理念の下、Open Hubをキーコンセプトとし、かつてなく開かれた物流施設づくりを目指している。

■施設概要「GLP ALFALINK昭島」
施設数:複数棟
所在地:東京都昭島市つつじが丘一丁目1番外
取得土地面積:約65万m2(プロジェクト全体)
延床面積:未定
認証取得:未定

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース