LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サッポロ、日清食品/ビールと即席麺を組み合わせた共同輸送開始

2022年02月17日/3PL・物流企業

サッポロホールディングスは2月17日、グループ企業のサッポログループ物流が日清食品と、ビールと即席麺を組み合わせた共同輸送を開始すると発表した。

<サッポロのビール樽と日清食品の即席麺を混載したトラック>
20220217sapporo 520x339 - サッポロ、日清食品/ビールと即席麺を組み合わせた共同輸送開始

<貨物の積載イメージ>
20220217sapporo1 520x445 - サッポロ、日清食品/ビールと即席麺を組み合わせた共同輸送開始

共同輸送は、3月2日から静岡~大阪間で開始。往路は両社の製品を混載し、復路は空き容器や空きパレットを混載する「ラウンド輸送」のスキームを用いる。

往路では、サッポロ静岡工場でビール樽を積載したトラックが日清食品静岡工場に立ち寄り、即席麺製品を積載後に大阪へ輸送し、それぞれの倉庫で荷降ろしする。

一方、復路ではサッポロ大阪DCから空き容器などを積載して輸送するトラックが日清食品関西工場で空きパレットを積載してから静岡へ輸送し、それぞれの工場で荷降ろしする。サッポロ大阪DCを出発するトラックが満載の場合は、サッポロ静岡工場へ直接向かう。

これにより、積載率を高めながら100%の実車率を実現する。また、両社が個別に輸送していた従来の方法と比べて、トラック使用台数を20%、CO2排出量を年間10トン削減できる見込み。

<ラウンド輸送のスキーム>
20220217sapporo2 520x338 - サッポロ、日清食品/ビールと即席麺を組み合わせた共同輸送開始

<両社が個別に行っていた従来の輸送>
20220217sapporo3 520x172 - サッポロ、日清食品/ビールと即席麺を組み合わせた共同輸送開始

両社が個別に行っていた従来の輸送では、往路で、重量貨物であるサッポロのビール樽を最大積載重量まで積載しても、荷台上部にスペースができる一方、軽量貨物である日清食品の即席麺を荷台の容積一杯まで積載しても積載可能重量に余裕があった。また復路では、両社とも往路に比べて貨物量が少なく、満載にするのが難しい場合があった。

こうした問題の解決に向けて両社で実証試験を重ねた結果、往路では両社の製品の種類や数量の組み合わせを調整することで、また復路ではサッポロの空き容器と日清食品の空きパレットを混載することで、積載率を高めながら100%の実車率を実現する「ラウンド輸送」のスキームを確立した。

サッポロと日清食品は「人づくりから始まるSCM改革」をテーマに、昨今の物流クライシスへの対応や次世代ロジスティクス人材の育成といった課題の解決に取り組んでいる。サッポロでは2019年から「サッポロロジスティクス★人づくり大学」を、日清食品では2020年から「SCM Academy」を開催。受講生同士の交流も生まれており、今回の取り組みはそれぞれの受講生のアイデアを踏まえて実現したもの。

両社は、今後も相互に協力しながら、物流に関わる諸課題の解決と持続可能な社会の実現を目指すSDGs達成に貢献していくとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース