LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

野村不動産/埼玉県でカテゴリーマルチ型の物流施設2棟竣工

2022年02月17日/物流施設

野村不動産は2月17日、高機能型物流施設「Landport(ランドポート)」シリーズとして、埼玉県内で「Landport上尾I」と「Landport新座」の2棟を竣工したと発表した。

<Landport上尾I>
20220217nomura 520x320 - 野村不動産/埼玉県でカテゴリーマルチ型の物流施設2棟竣工

<区画図>
20220217nomura2 520x201 - 野村不動産/埼玉県でカテゴリーマルチ型の物流施設2棟竣工

Landport上尾Iは、本体棟と危険物棟で構成。本体棟は日本ロジテムのセンターとして一棟利用が決定しており、3月からの稼働開始を予定している。危険物棟は2022年4月中旬以降稼働で入居テナントを募集中。

同施設は首都高埼玉大宮線「与野出入口」から7.5km、圏央道「桶川北本IC」から7.8kmと、都心配送と広域配送の両方に対応。国道16号や国道17号など主要な幹線道路にも近接しており、目的地に応じた走行ルートの選択が可能となっている。施設周辺には、さいたま市や上尾市の住宅街が広がっており、人材雇用における優位性がある立地。

建屋は1・3階にトラックが接車可能なスロープ型施設で、保管フロアとなる2・4階は梁下有効高6.5mを確保し、保管能力を向上させている。また、危険物品の保管に対応するため、危険物棟(3棟合計750m2)を併設している。

<Landport新座>
20220217nomura1 520x347 - 野村不動産/埼玉県でカテゴリーマルチ型の物流施設2棟竣工

Landport新座は、関通の東京主管センターとして一棟利用が決定しており、2月下旬の稼働開始を予定している。

関越自動車道「所沢IC」から2.1km、国道254号から0.6km、国道463号から1.6kmの立地で、関東全域配送に加えて首都高や一般道を利用してスムーズな都内配送が可能となっている。

建屋は、冷蔵・冷凍・常温の3温度帯に対応可能な施設設計となっており、2~4階には作業用空調を実装し、機能性と快適性を追求。L字型バースによって高頻度入出庫にも対応している。

<広域図>
20220217nomura3 520x428 - 野村不動産/埼玉県でカテゴリーマルチ型の物流施設2棟竣工

そのほか、両施設ではLandportシリーズの共通仕様として、全館人感センサー付LED照明や屋上太陽光発電システム、カフェテリアなど、環境配慮、ランニングコスト削減、アメニティ機能向上のための各種仕様を取り入れている。

今回の2物件の竣工で、Landportシリーズは合計24棟となった。

■施設概要
「Landport上尾I」
施設形式:カテゴリーマルチ型
所在地:埼玉県上尾市堤崎362-1
アクセス:JR高崎線「上尾駅」4.0km、首都高「与野出入口」7.5km、圏央道「桶川北本IC」7.8km
敷地面積:2万9053.62m2
延床面積:5万6884.42m2
構造・規模:鉄骨造・耐震・4階建て スロープ型
着工:2020年7月21日
竣工:2021年11月19日
稼働:2022年3月(予定)

「Landport新座」
施設形式:カテゴリーマルチ型
所在地:埼玉県新座市中野1-13-5
アクセス:JR武蔵野線「新座駅」4.0km、関越自動車道「所沢IC」2.1km
敷地面積:1万4016.40m2
延床面積:2万9047.62m2
構造・規模:混構造(柱RC+梁S)・耐震・4階建て ボックス型
着工:2021年11月18日
竣工:2022年2月15日
稼働:2022年2月下旬(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース