LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SBSHD/イオンネクストデリバリー社へ出資

2022年03月02日/SCM・経営

SBSホールディングスは3月2日、イオンネクスト準備(AN社)の子会社で、次世代型オンラインスーパーマーケット事業の物流を担うイオンネクストデリバリー(AND社)への出資を決定したと発表した。

<左がイオンの吉田社長、右がSBSホールディングスの鎌田社長>
20220302sbs 520x347 - SBSHD/イオンネクストデリバリー社へ出資

3月2日に、イオンの吉田昭夫社長とSBSHDの鎌田正彦社長が会見し、出資を通じてAN社と同社の間で提携を深めていくことを確認した。

AN社は、2023年に最先端技術を導入した次世代型オンラインスーパーマーケット事業の本格稼働を目指して準備を進めており、AND社は、その物流関連事業を担う会社として設立された。今回の出資合意は、AN社が所有する最先端のAI及びロボティクス機能を導入した日本初のCFC(顧客フルフィルメントセンター)と、同社グループが有するラストワンマイルの豊富な物流オペレーションノウハウを融合し、幅広い品揃えの新鮮な食料品や日用品を、顧客の欲しいタイミングで玄関先まで届けることを可能にするもので、同社は配送オペレーションやインフラ機器の設計、中継拠点の調達・整備、EVの活用、ドライバー採用や教育等に関して、グループが持つ知見をAND社に提供していくとしている。

SBSグループは 2022年から電子商取引(EC)宅配物流に本格参入し、2030 年までに首都圏にEC荷物専用の拠点を15か所ほど新設してEC事業を第2の事業の柱にする方針を掲げている。AND社への出資を通じて、物流業務での協業と日本のネットスーパーの中で最も支持されるサービスを確立し、ラストワンマイル分野の企業価値を向上させる体制を整えていくとしている。

■出資先の概要
商号:イオンネクストデリバリー
(イオンネクスト準備 100%出資子会社)
本店所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5-1
事業内容:次世代型オンラインスーパーマーケット関連の物流事業
純資産:5100万円 (出資後 1億円)

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース