LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物/2月コンテナ貨物輸送量7.8%減

2022年03月16日/調査・統計

PR記事

日本貨物鉄道(JR貨物)が3月16日に発表した2月の輸送実績は、コンテナが135万3000トン(前年同月比7.8%減)、車扱が77万5000トン(0.3%減)で、合計212万9000トン(5.2%減)となった。

コンテナは、各都道府県で延長されたまん延防止等重点措置に加え、北日本地区で相次いだ雪害により、紙・パルプ(6.2%増)、積合せ貨物(2.0%増)、化学薬品(0.5%増)を除く品目で前年を下回った。

農産品・青果物(25.5%減)は、北海道地区夏季干ばつの影響に加え、雪害により北海道発着列車の運休が続き前年を大きく下回った。

食料工業品(8.4%減)は、清涼飲料水がコロナ禍における需要低迷に伴い低調となったほか、菓子類や砂糖が雪害により前年を下回った。

自動車部品(24.7%減)は、半導体不足と東南アジアからの部品調達困難により各社が生産調整を行った影響で減送となった。

一方、紙・パルプは、前年が需要低迷に伴う生産調整と福島県沖地震による影響を受けた反動で、前年を上回った。

車扱は、前年に比べ気温が低く推移し灯油を中心に石油(2.2%増)が増送となった一方、石灰石(13.1%減)は前年を下回った。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース