LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アルプス物流/愛知県小牧市に3.3万m2の新倉庫建設を決定

2022年03月24日/物流施設

アルプス物流は3月24日、愛知県小牧市にて延床面積3.3万m2の新たな倉庫を建設すると発表した。

<完成予想図>
20220324alpus 520x247 - アルプス物流/愛知県小牧市に3.3万m2の新倉庫建設を決定

同社は、中京地区で名古屋営業所、高森台倉庫(ともに春日井市)、瀬戸営業所(瀬戸市)の3拠点を構えており、車載関連の顧客を中心に電子部品物流事業を推進してきた。同地区における事業規模拡大や新規顧客獲得に向け、自社の物流拠点建設をかねてより計画しており、この度愛知県小牧市にて土地の取得及び開発許可を取得したもの。

新倉庫は現3拠点集約による保管効率向上に加え、輸送効率向上による CO2排出量の削減を図るなど、環境にも配慮した倉庫を目指しており、「流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(物効法)」の認定を受けている。同社の強みである温湿度管理や静電気対策など電子部品等の取り扱いに適した倉庫設計を施し、万全のセキュリティ管理設備を備える。

電子部品のピース単位での管理をする保管エリアに加えて、車載関連や輸出入貨物など大型貨物の取り扱い増加を見込み、パレット貨物の保管能力も確保している。

■概要
名称:アルプス物流 (新)名古屋営業所
住所:愛知県小牧市
   東名自動車道「春日井IC」より約 1.5km(約5分)
土地面積:約2万2000m2
延床面積:約3万3000m2、地上5階建て
着工:2023年2月(予定)
竣工:2024年1月(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース