LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アクセンチュア/トランコムITSから次世代物流ソリューション獲得

2022年03月28日/SCM・経営

アクセンチュアは3月28日、トランコムITSから、次世代の物流ソリューションおよびデジタルエンジニアリングの創造につながる事業を譲り受けることに合意したと発表した。

合意の条件は非公開。

アクセンチュアが獲得するのは、トランコムITSが持つロジスティクス領域向けのシステム導入、インフラ構築、コンサルティング、ソフトウエア開発やアウトソーシング事業、および関連するノウハウや顧客基盤。

また、クラウド、IoTやセンサー技術などに精通した約190名のトランコムITSの人材がアクセンチュア インダストリーX(エックス)本部に加わる。これにより、トランコムITSが持つ物流、サプライチェーンやエンジニアリング領域の高い専門性と、アクセンチュアが持つデジタル技術が組み合わされ、時代が求めるロジスティクス領域におけるハイパーオートメーションの実現を支援する。

トランコムITSは総合物流企業であるトランコムの情報システム子会社。トランコムグループ向けに物流システム構築などのITサービスを提供しているほか、製造、物流、情報通信事業者など外部企業にも、サプライチェーンの変革支援事業を展開している。トランコムITSは、独自のWMS(倉庫管理システム)やTMS(配送管理システム)などの製品群を持ち、物流ネットワークや在庫最適化システム構築で卓越したノウハウとエンジニアリング力を誇る企業だ。

アクセンチュアでは、トランコムITSが持つ高い専門性と同社のAI(人工知能)やデジタルトランスフォーメーションの能力を組み合わせ、製造業をはじめとする顧客により高付加価値なサービスを提供する。一例として、AIやアナリティクスを活用してサプライチェーン全体を最適化するAI POWERED SCM(サプライチェーン管理)サービスとの融合が挙げられる。これによって、製造およびロジスティクス領域でプロセスの省人化・無人化を実現するソリューションが強化されるなど、デジタルを活用した変革支援体制を強化する。

アクセンチュアとトランコムは、新たなモノづくりやそれを支える物流DXの実現に向け、共同ソリューションの開発や、トランコムのDXを加速させる取り組みでも協業を推進していく予定。

なお、アクセンチュアに同事業を譲渡したトランコムITSは今後もトランコムの情報システムを担う組織として存続し、同グループ向けに従来のサービスを継続する。この合意は、商習慣に基づく完了条件に従って実行される。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース