LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/MOL Turkeyが越境ECサイトで中古舶用品を販売開始

2022年03月31日/3PL・物流企業

商船三井は3月30日、グループ会社のMOL TURKEY DENIZCILIK VE LOJISTIK TIC. A.S.(MOL Turkey)が、トルコの船舶解撤ヤードからの中古舶用品を越境ECサイト「MOL SHOP MOL Turkey」で販売するサービスを開始したと発表した。

<越境ECサイト「MOL SHOP MOL Turkey」>
0331mol1 - 商船三井/MOL Turkeyが越境ECサイトで中古舶用品を販売開始
サイトでは、「UNKNOWN HYGROMETER」(100米ドル)、「BARIGO BAROMETER」(120米ドル)などを販売する。

<(左から)「UNKNOWN HYGROMETER」「BARIGO BAROMETER」>
0331mol2 - 商船三井/MOL Turkeyが越境ECサイトで中古舶用品を販売開始
商船三井では、これまでトルコの船舶解撤ヤードで長期保存や、廃棄処分されていた中古舶用品をMOL Turkeyが新設した越境ECサイトを通じて、世界中の人に販売することで、リサイクルと廃棄物の削減につなげるとしている。

また、現在はアンティーク品を中心に掲載するが、今後は販売対象を舶用機器や救命艇などの大型品にまで拡大することを検討している。

加えて、今回の事業でトルコのECサイト事業に進出し、ロジスティクス事業領域の拡大と同時に、商船三井グループの主要戦略の1つである地域戦略に基づき、トルコ拠点での活動をさらに強化する。

今後は、トルコのみならず、インド、バングラデシュのような船舶解撤量が多い国を中心に、世界中の船舶解撤ヤードを対象にすることも視野に入れており、海上輸送にとどまらないビジネス領域のグローバルでの拡大を目指す。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース