LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

富士物流/茨城県阿見町に2万m2の物流センター竣工・稼働

2022年04月05日/物流施設

富士物流は4月5日、茨城県稲敷郡阿見町で建設中だった「筑波物流センター」が竣工し、同日より営業を開始したと発表した。

<筑波物流センター外観>
20220405fujib 520x293 - 富士物流/茨城県阿見町に2万m2の物流センター竣工・稼働

同社が、茨城県県南エリアでの事業拡大と、物流効率化をはじめとする顧客のニーズへの対応を目的として、昨年4月から建設を進めていたもの。

施設の特長は、最大10tの天井クレーンを設置しており、重量品の取扱いに適している。首都圏中央連絡自動車道・阿見東ICの至近に位置していることから、都心からのアクセスに優れ、関東の配送拠点として最適な立地。

また、地震対策として建築基準法の規定を上回る耐震構造を採用している。さらに、LED照明や遮熱高断熱素材の導入等により、環境にも配慮した施設としている。

同社では、この施設を稼働させることで、今後とも更なる物流最適化に向けた提案と、効率的かつ高品質な物流サービスの提供に取り組んでいくとしている。

■概要
名称:筑波物流センター
所在地:茨城県稲敷郡阿見町よしわら一丁目19-2
敷地面積:1万4139m2(約4277坪)
延床面積:2万175m2(約6103坪)
建物構造:鉄骨造、3階建
設備:
計4基の天井クレーンを設置(10tx2基、5tx2基)
環境負荷低減のために全館LED照明を採用
空調設備、セキュリティ設備
営業開始日:2022年4月5日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース