LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省、ヤマト運輸/「道の駅」を活用した中継輸送実証実験結果

2022年04月13日/3PL・物流企業

国土交通省北海道開発局旭川開発建設部とヤマト運輸は、2021年11月に実施した、「道の駅」を拠点とした中継輸送実証実験について、結果を取りまとめ公表した。

<これまでの単独輸送と中継輸送の比較>
20220413kyamato 520x227 - 国交省、ヤマト運輸/「道の駅」を活用した中継輸送実証実験結果

この実験は道北地域において物流事業者が連携し、幹線道路沿いに立地し休憩機能等を有する「道の駅」の特性を活かした、中継輸送実証実験により3つの効果を検証でき、生産空間における物流サービスの維持への貢献を確認した、としている。

効果の1点目は、労働環境の改善。中継輸送及び荷物集荷のタイミングを合わせることにより、トラックドライバー1人あたりの運転時間・拘束時間が削減され、長時間運転の発生を回避するなど労働環境を改善。これにより、厚生労働省によるトラックドライバーの労働時間等の改善基準を満たし、2024年からスタートする時間外労働時間の上限規制内に改善、としている。

2点目は輸送費用の低減。トラックドライバーの運転時間・拘束時間の短縮により、人件費・トラックの燃料費・高速道路の料金等を合わせた輸送費用を約45%低減させた。

3点目は環境への負荷の軽減。トラックからのCO2排出量を約50%軽減し、カーボンニュートラルへの取組に貢献可能、としている。

■概要内容
https://www.yamato-hd.co.jp/news/attachment/newsrelease20220413_1_3_1.pdf

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース