LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

DHLサプライチェーン/パタゴニアより業務受注、新物流施設開設

2022年04月14日/物流施設

DHLサプライチェーンは4月14日、アメリカ・カリフォルニア州発の世界的なアウトドアアパレルブランドでサステナビリティのパイオニアでもあるパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社よりロジスティクス業務を受注し、千葉県印西市に新たに印西ロジスティクスセンター・ウエストを開設したと発表した。

<印西ロジスティクスセンター・ウエストが入居するグッドマン・ビジネスパーク・ウエスト>
20220414dhl1 520x391 - DHLサプライチェーン/パタゴニアより業務受注、新物流施設開設

<サステナビリティセンター>
20220414dhl2 520x391 - DHLサプライチェーン/パタゴニアより業務受注、新物流施設開設

印西ロジスティクスセンター・ウエストは、CO2排出量削減に向けたグリーンソリューションと従業員の福祉向上のためのアメニティを備えた先進的な倉庫施設の中に位置している。2019年にDHLサプライチェーンが開設した印西ロジスティクスセンターの至近でもある事から、物量の成長と波動への対応を可能とする高い柔軟性を備えたオペレーションを提供することを目的とした、キャンパスコンセプトを実現できる立地。

倉庫施設の屋上には太陽光パネルが設置されており、現在その発電電力で倉庫オペレーションの消費電力の約3分の2を賄っている。DHLサプライチェーンでは、再生可能エネルギーのみを使用するカーボンニュートラル倉庫の実現を目指し、今後1年以内に代替エネルギー源の切り替えを予定している。

もう一つの主なポイントとして、梱包資材の廃棄物削減があげられる。カートンの再利用はもちろんのこと、ビニール製のシュリンクラップは使用後廃棄せずにリサイクル業者により新たなラップへと再生され、梱包で使用されるガムテープにはでんぷん糊を使用した紙製のものを採用することにより、ビニールのごみを最小限に減らし、梱包資材の紙のリサイクルを可能にするなどの取り組みを行う。

また、サステナビリティー専任担当者やサステナビリティーセンターを設置し、スタッフのサステナビリティー・ESGへの理解、参画、実践、地域コミュニティとの関わりの推進やDHLのボランティア活動、環境保全活動への取り組みの促進を挙げている。

DHLサプライチェーンのジェローム・ジレ社長、日本・韓国クラスターCEOは「DHLサプライチェーンはすでに2018年よりアメリカで、ロジスティクスサービスをパタゴニアへ提供しており、戦略的パートナーとして高い評価を得ている。海外でのベストプラクティスを展開しながら、日本においても能力を発揮し、価値を提供できることを大変光栄に思う。また、全ての人々のために持続可能な未来を実現する取り組みにおいてグローバルリーダーとなることを目指しているDHLサプライチェーンと、環境保全を長きに渡り重要視してきたパタゴニアが協働することで、共に物流業界のロールモデルとなることができると確信している」と述べている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース