LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和物流/兵庫県小野市に物流センター開設

2022年04月26日/物流施設

大和物流は4月26日、大和ハウス工業が兵庫県小野市に建設したマルチテナント型物流施設「DPL兵庫小野」の一部を賃借し、「兵庫小野物流センター」を同15日に開設したと発表した。

<兵庫小野物流センター(DPL兵庫小野)>
20220426daiwa 520x347 - 大和物流/兵庫県小野市に物流センター開設

<内観>
20220426daiwa1 520x186 - 大和物流/兵庫県小野市に物流センター開設

「兵庫小野物流センター」は、山陽自動車道「三木小野IC」から4.3km、中国自動車道「滝野社IC」から14kmに位置し、大阪市内や神戸市内に約1時間でアクセスできる立地。また、広島市から270km、松山市から300kmの距離にあり、中四国エリアから関西方面へ貨物を出荷する際の中継拠点としての活用等にも対応している。

大和ハウス工業が「ひょうご小野産業団地」で4月に竣工したマルチテナント型物流施設「DPL兵庫小野」(敷地面積2万358m2、総賃貸面積1万9649m2)のうちB・D区画の計9381.34m2を使用しており、建物の両面に配置されたトラックバースを活用することで、入出庫頻度が高くスピーディーな荷捌きを要する通過型センターとしての運用にも対応可能となっている。

大和物流では、働き方改革関連法によりトラックドライバーの労働時間の上限規制が適用され物流需給がひっ迫する「2024年問題」を控えて、在庫の分散化や中継輸送の実施による輸送距離の短縮など、物流センターを活用した物流効率化に対するニーズが高まっていることから、2021年度に全国で5か所・延床面積12万8869m2の物流センターを開設するなど、物流拠点の拡充を加速し、荷主企業の物流ネットワークの再構築に対応してきた。

「兵庫小野物流センター」の開設は、兵庫エリアの物流基盤の強化を目的としたもので、保管や流通加工機能を有する3PL拠点、関西方面で貨物を取り扱う荷主企業向けの中継・二次配送拠点などとして、幅広い物流ソリューションを展開していく。

<広域図>
20220426daiwa2 520x337 - 大和物流/兵庫県小野市に物流センター開設

<地図>
20220426daiwa3 520x322 - 大和物流/兵庫県小野市に物流センター開設

■「兵庫小野物流センター」概要
所在地:兵庫県小野市池尻町字打越629-67(DPL兵庫小野 B・D区画)
構造:鉄骨造地上2階建て・高床式
床荷重:各階1.5t/m2
搬送設備:貨物用エレベーター2基(3.5t)
アクセス:山陽自動車道「三木小野IC」4.3km
中国自動車道「滝野社IC」14.0km
神戸電鉄粟生線「市場駅」2.7km
使用面積:9381.34m2(事務所部分除く)
稼働:4月15日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース