LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SGHD/3月期の売上高21.1%増、営業利益53.1%増

2022年04月28日/決算

SGホールディングスが4月28日に発表した2022年3月期決算によると、売上高1兆5883億7500万円(前年同期比21.1%増)、営業利益1557億1300万円(53.1%増)、経常利益1602億8900万円(54.6%増)、親会社に帰属する当期純利益1067億3300万円(43.6%増)となった。

グループの中核事業であるデリバリー事業の売上高は1兆431億8600万円(2.8%増)、営業利益は932億1100万円(30.4%増)。商品の取扱個数は全体で14億2300万個(1.4%増)、飛脚宅配便が13億6900万個(1.6%増)となった。

同事業では、コロナ禍の影響で経済活動が制限されBtoBの取扱個数は前年並みとなったが、BtoCの取扱個数は物販系のEC化率が上昇したことなどから増加。加えて、「GOAL」による提案営業の成果として、「TMS(Transportation Management System)」が好調に推移したほか、「Xフロンティア」の安定的な運営や、各種デジタライゼーションの推進、宅配便の集配体制強化など、継続的な生産性向上に取り組んだことで収益力の強化を図った。

また、ロジスティクス事業の売上高は4770億3100万円(129.6%増)、営業利益は484億5900万円(280.2%増)となった。世界的な海上コンテナ不足と、それに伴う航空貨物スペースのひっ迫など、グローバルサプライチェーンの混乱により海上・航空運賃が高止まりを続ける中、連結子会社のエクスポランカ ホールディングスでは安定的にコンテナスペースを確保し、顧客の旺盛な需要に対応。国内では「GOAL」による包括的なソリューション提案によって3PL等の新規案件を受託した。

次期は、売上高1兆6500億円(3.9%増)、営業利益1420億円(8.8%減)、経常利益1430億円(10.8%減)、親会社に帰属する当期純利益960億円(10.1%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース