LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

福山通運/3月期の売上高2.0%増、営業利益4.5%増

2022年05月11日/決算

福山通運が5月11日に発表した2022年3月期決算によると、売上高2912億6600万円(前年同期比2.0%増)、営業利益220億9100万円(4.5%増)、経常利益231億9600万円(3.2%増)、親会社に帰属する当期純利益167億6300万円(9.4%増)となった。

運送事業の売上高は2543億6400万円(1.2%増)、営業利益は208億1000万円(9.4%増)となった。同事業では2021年4月に福井越前営業所(福井県)、12月に福岡糸島営業所(福岡県)と広島観音支店(広島県)を開設。また、25mダブル連結トラックの路線拡大を進めるとともに、名阪特急「アーバンライナー」や高速夜行バスを利用した貨客混載輸送の開始、専用ブロックトレイン「福山レールエクスプレス号」の延伸など幹線輸送の効率化と多様化に取り組んだ。

流通加工事業の売上高は197億9600万円(7.3%増)、営業利益は33億5700万円(4.7%増)。同事業では多様化する顧客ニーズに応えるため、2021年12月に流通加工業務に特化した福岡空港流通センター(福岡県)を開設した。

国際事業では、海上輸送の混乱による海上運賃の高騰や、海外でのトラック輸送需要の拡大、一部業種での輸入貨物の回復などにより、売上高が108億6400万円(37.9%増)、営業利益が5億3500万円(76.3%増)となった。

次期は、売上高2968億円(1.9%増)、営業利益225億円(1.9%増)、経常利益238億円(2.6%増)、親会社に帰属する当期純利益153億円(8.7%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース