LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

メルロジ/ヤマト運輸と集荷梱包サービスの実証実験を実施

2022年05月23日/3PL・物流企業

メルカリの100%子会社であるメルロジは5月23日、ヤマト運輸と共同で、5月23日から6月30日までの期間、東京都内一部エリア(江東区亀戸、江東区豊洲、杉並区高円寺南、杉並区高円寺北)で「メルカリ」で取引が成立した商品の集荷梱包サービスの実証実験を実施すると発表した。

<集荷梱包サービスの利用方法>
20220523mellogi 520x273 - メルロジ/ヤマト運輸と集荷梱包サービスの実証実験を実施

実証実験期間中、対象エリアに在住の出品者が取引成立後に「メルカリ」アプリ上で「梱包依頼」を選択すると、ヤマト運輸のドライバーが出品者の自宅まで伺い、出品物を預かり梱包を代行する。これにより、出品者は自宅で待つだけで梱包・発送作業が完了する。

なお、今回の実証実験では、160サイズまでの小型〜中型商品を対象に、梱包費用一律500円(送料別・税込)で手軽に梱包代行を利用できる。

メルロジでは、この実証実験を通じ、これまで顧客が出品のハードルと感じていた梱包・発送の手間を解消し、「メルカリ」のさらなる利用促進と出品体験の向上を検証するとともに、実証実験の結果を踏まえ、展開地域の拡大を検討していく。

メルロジは、「多様な価値をつなぎ、やさしい生活を創る」というミッションのもと2021年10月に設立し、以降、集荷物流網の構築とともに、「メルカリ」で販売取引が成立した商品を発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」をはじめとした自社のタッチポイントの拡大を推進しており、「メルカリ」の顧客によりよい体験を提供することを目指している。

■実証実験概要
実証実験の期間:2022年5月23日〜2022年6月30日
対象エリア:江東区亀戸1〜6、8丁目、江東区豊洲1〜6丁目、杉並区高円寺南1丁目、高円寺南3〜5丁目※6月1日開始予定、杉並区高円寺北1〜4丁目※6月1日開始予定
利用可能な商品:3辺の合計が160cm以内の商品、3辺が縦40cm、横60cm、高さ60cm以内までの商品
利用料金:1商品につき1回 梱包費用500円(送料別・税込)※現金のみ

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース