LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東京建物/4社共同で福岡アイランドシティに物流施設を開発

2022年06月01日/物流施設

東京建物は6月1日、東急不動産、西日本新聞社、丸紅の4社共同で、福岡県福岡市のアイランドシティにマルチテナント型物流施設開発用の建設用地を取得したと発表した。

同用地は、2021年度の福岡市によるアイランドシティ港湾関連用地の分譲公募により取得。敷地面積3万9237m2、延床面積14万6850m2の大規模マルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ」の建設を予定している。

<(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ パース>
20220601tokyu1 520x293 - 東京建物/4社共同で福岡アイランドシティに物流施設を開発

同施設は6階建てのダブルランプウェイで、各階接車(5・6階のみメゾネット利用)が可能。最小区画面積4950m2~(予定)と、顧客の多様なニーズに対応できる施設設計となっている。また、太陽光パネルを設置するなど、環境配慮に向けた取り組みも行う予定。

今後、東京建物を中心とした4社によるジョイントベンチャーとして開発し、2022年7月に着工、2024年1月の竣工を目指す。

<(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ 広域図・周辺図>
20220601tokyu2 520x359 - 東京建物/4社共同で福岡アイランドシティに物流施設を開発

20220601tokyu3 520x359 - 東京建物/4社共同で福岡アイランドシティに物流施設を開発

場所は、福岡高速6号線「アイランドシティ」出入口から1.4km。巨大消費地である福岡市内への近距離配送や、九州全域への広域配送拠点、本州と九州を繋ぐ配送の拠点として優れた立地だ。

また、アイランドシティが位置する博多港は、東南アジアをはじめ海外の主要貿易港や沖縄県那覇港とのアクセスに優れ、国内外の貨物が集まる一大貨物集積地となっている。

4社は福岡アイランドシティの開発を通じ、利便性が高く、環境に配慮した物流拠点を提供するとしている。

■(仮称)T-LOGI福岡アイランドシティ概要
竣工:2024年1月(予定)
所在地:福岡県福岡市東区みなと香椎 3丁目29番11,30番 4,32番 4(地番)
交通:福岡高速6号線「アイランドシティ」出入口1.4km
西鉄バス:「ベジフルスタジアム前」バス停1.3km
敷地面積:3万9237m2(予定)
延床面積:14万6850m2(予定)
規 模:地上6階(予定)
形 状:ダブルランプウェイ型(片面バース)(予定)
設 計:未定
施 工:未定
構 造:未定

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース