LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

白鶴酒造/10月1日から5~10%の値上げ、物流費高騰も要因

2022年06月02日/SCM・経営

兵庫県の白鶴酒造は6月2日、日本酒の価格を10月1日出荷分から改定すると発表した。

同社は2013年にも値上げを実施したが、その後も諸経費が上昇し、特に直近では原材料費、エネルギー費、物流費等が高騰していることから、このほど日本酒の5~10%の値上げとなる価格改定を実施する。

同社は今後、さらなる品質の向上を目指し、安全・安心な商品を提供していくために経営の効率化とコスト削減に向けた努力を継続し、顧客にとって価値のある商品とサービスの提供に努めていくとしている。

■価格改定の概要
価格改定実施日:2022年10月1日出荷分から
対象商品:日本酒「白鶴」「忠勇」など150品目
価格改定の内容:参考小売価格の5~10%の値上げ

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース