LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

鴻池運輸/駐日インド大使が鴻池技術研究所ICを視察

2022年07月08日/IT・機器

鴻池運輸は7月8日、駐日インド大使館のSanjay Kumar Verma大使とAbhishek Goel政治・商務担当官が、鴻池運輸の鴻池技術研究所イノベーションセンター(技研IC)を視察したと発表した。

<視察の様子 OSARO社との共同実験について紹介>
20220708konoike1 520x390 - 鴻池運輸/駐日インド大使が鴻池技術研究所ICを視察

<右より、鴻池専務、Verma 大使、則竹技術革新推進部長、Goel 政治・商務担当官、鶴原常務>
20220708konoike2 520x390 - 鴻池運輸/駐日インド大使が鴻池技術研究所ICを視察

視察当日は、鴻池 忠嗣取締役専務執行役員が、鴻池運輸の「現場力」の強化や労働力不足への対応に向けた技術革新・DX推進の意義を説明。「技術で、人が、高みを目指す」という同社の「2030年ビジョン」に則した、最新技術と現場で培われてきた職人の技術との掛け合わせによる独自の技術革新・DXの考え方や、具体的な取り組みの例として、技研ICとOSARO社で進めているピッキングロボットと AMR(自律走行搬送ロボット)の連携による倉庫自動化オペレーションの共同実験などを紹介した。

Verma大使とGoel政治・商務担当官は、KONOIKEグループの多種多様な現場に自動化機器を導入することの難しさや、実証実験で得たデータ活用方法などに特に関心を持たれ、技研ICのメンバーと活発な意見交換を交わした。

なお、これは、鴻池運輸が注力事業に位置付けているインド事業をVerma大使とGoel政治・商務担当官へ先だって説明した際に、KONOIKEグループの技術革新・DXの取り組みを知ってもらう機会として企画提案し、実現したもの。

技研ICは、昨年3月に東京レールゲートWEST棟内の同社物流拠点内の一角に開設した、最新自動化機器の開発・導入実験や、国内外のスタートアップ技術の実証実験など、物流現場における技術革新・DXを加速させるためのオープンイノベーション拠点。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース