LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

キリンGL/出荷物流拠点を訪問し「飲酒運転撲滅」呼びかけ

2022年07月28日/CSR

キリングループロジスティクス(KGL)東日本支社の輸配送を担う協力会社で組織する輸送協力会は7月28日、首都圏内のキリングループロジスティクス4事業所の出荷物流拠点を同月8日に訪問し、ドライバーに毎年恒例の「飲酒運転撲滅」の訴求活動を行ったと発表した。

飲酒運転撲滅は輸送協力会の活動の「一丁目一番地」。輸送協力会役員と運営委員、事務局の担当者が、荷物の積み込み開始時刻に合わせキリングループロジスティクスの4事業所を訪問し、日々最前線で奮闘しているドライバーの一人一人に、労いの言葉とともに、飲酒運転撲滅に向けた「KGL基本3ルール」(1.車中泊の飲酒禁止 2.運行12時間前は飲酒禁止 3.乗務前の休日も適正飲酒)の徹底を呼びかけた。

<チラシ(抜粋)>
20220728KGL1 520x155 - キリンGL/出荷物流拠点を訪問し「飲酒運転撲滅」呼びかけ

<4事業所を訪問>
20220728KGL2 520x348 - キリンGL/出荷物流拠点を訪問し「飲酒運転撲滅」呼びかけ

また、ドライバーにはキリンビール、キリンビバレッジ、キリングループロジスティクスの3社長からのメッセージが掲載されたチラシと、「iMUSE」商品が配布された。

訪問したのは、キリングループロジスティクス茨城支店、横浜支店、湘南支店 、羽生支店の4事業所。ドライバーからは「プロドライバーとして飲酒運転撲滅活動に賛同しています」「今日も一日安全運転、安全作業で頑張ります」「飲酒の際にはアルコール分解時間を意識しています。引き続き適正飲酒を心がけます」などの声が寄せられた。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース